写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●4つのメガトレンドへの対応を進めるXilinx
Xilinxの日本法人であるザイリンクスは6月24日、記者説明会を開催し、同社の戦略に関する最新のアップデートを紹介したので、その内容をご紹介したいと思う。

今回の説明会は、同社が昨年9月に開催した戦略説明会の延長となる。前回は今後の同社の力点が、ハードウェアからソフトウェアを含むソリューションに移りつつあることを紹介したものだったが、今回はそれを具体的に業界のメガトレンドと絡める形で、具体的にXilinxがどういう形でマーケットを握ってゆくかを細かく説明するものとなった。

まず挨拶に立ったザイリンクスのSam Rogan社長(Photo01)は、あくまでも日本の状況としながら、こんなグラフ(Photo02)を示し、悲願だった国内における50%以上のマーケットシェアの確保に成功したことを紹介した(Photo02)。同社の場合、決算が3月の関係で、例えばQ1FY16というのは2015年4月〜6月となる。Q4FY16が2016年1月〜3月で、ここで59%のマーケットシェアを握れた事は、氏にとっては非常に嬉しい事だったようだ。

これに続き、昨年9月同様Steve Glaser氏(Photo03)が説明を行った。氏は業界の4つのメガトレンドとして

・クラウドコンピューティング
・エンベデッドビジョン
・インダストリアルIoT
・5Gワイヤレス

を挙げ、それぞれに対応したソリューションをXilinxが持っている事を示した(Photo04)上で、各々の項目について順に説明を行っていった。

まずクラウドコンピューティングについてだが、Xilinxはこの分野では5年間で30億ドルのSAM(Served Available Market)があると見込んでいる。そもそもこのマーケットの場合、まずムーアの法則の停滞もあって汎用CPUの性能が上がりにくくなっている一方で、より高い性能が要求されるようになっており、これを実現するためにHeterogeneous Configurationが必須である、としている(Photo06)。

「CCIX」(Photo07)はまさしくこうした用途に向けての拡張、という事も出来る。ちなみにCCIXをサポートする開発環境はOpenCLに対応したSDAccelで、これを利用してOpenCLベースのアプリケーションをCCIX経由で高速に実行できる、という話であった。

もっともCCIXの中身はまだはっきりしない。Glaser氏は「6カ月以内に最初の仕様が出るのではないか」という見通しを語ったが、それが正式な仕様を意味するのか、最初の草案なのかは不明だ。またCCIXは名前の通りキャッシュコヒーレンシ(Cache Coherency)を実現するバスなので、恐らくレイテンシは相応に低い(そうでないとシステムの性能に深刻な影響が出るだろう)事は期待できるが、帯域はまた別の問題である。後で話を聞いたところ、「CCIXは、例えば25Gbpsのレーンで実現できる帯域はそれほど大きく無い。SoC内部のAXI経由の接続とは比較にならない」としていた。

またデータセンター用途ではハイパースケールデータセンターでの採用が進んでいる事を挙げ(Photo08)、こうした用途向けHBMのサポート(Photo09)を発表しており、こうした製品やソリューションによってCloud Computingのマーケットを獲得する、という話であった。

●5Gには10nmをスキップして7nmで対応を計画
次がエンベデッドビジョンの話である。こちらの市場規模は5年間で40億ドルと想定されている(Photo10)。こと自動車周りに関して言えば、複数台のカメラを搭載するのは当然で、実際には複数種類のセンサ類からのデータを集約して処理するセンサフュージョンの機能が求められる事になり、こうした部分でFPGAが有利である、という説明だ。こうした結果、ADAS向けにさまざまなメーカーがすでに同社のFPGAを利用しているとする(Photo12)。

話をビジョンシステム全体に広げると、マーケットそのものは急速に広がっており、実際採用例も多いとする(Photo14)。

3つ目がインダストリアルIoTの分野。そもそもIoTは非常に広範にわたる概念だが、XilinxはそのなかでもPhoto15の左側にあたる、産業分野に特化するとしている(Industrial IoT:IIoT)。このIIoTの分野では、そもそも効率を1%改善するだけで大きなコスト削減が可能になるから、相対的に大きな投資が見込める(Photo16)事もあり、Xilinxはこの分野で25億ドルのSAMを見込んでいる(Photo17)。

ここで大きな意味をもつのが「Zynq」である。Zynqの投入前は、ハイエンド向けにMPUなどと組み合わせる形でFPGAを入れており、逆にこうした高コストの分野にしかシェアがなかったが、今ではZynqと組み合わせた低コストソリューションも提供できるため、ローコスト向けまで幅広く広がった(Photo19)、というのがXilinxの主張だ。

最後が5Gである。6月22日(米国時間)には、3GPPがNB-IoTの標準化作業が完了したというリリースを出していたが、LTEが一段落した現在は、キャリアはいずれも5Gに向けての取り組みに余念が無い。

その5Gに関してXilinxは5年で21億ドルのSAMを想定している(Photo20)。もともと4Gの世代も同社の売り上げにかなり大きく貢献していたわけだが(Photo21)、5Gに関しても現在のところ順調であり、標準化が完了したあとの実用化段階でも大きなビジネスが期待できることを仄めかした(Photo22)。

以上が戦略のアップデートの主要な部分であるが、最後にちょっと面白い話があったので説明しておく。5G Wirelessに関してこんな製品ロードマップが示された(Photo23)。3G〜4Gは28nm世代製品で、4G〜Pre 5G世代は現在の20/16nm世代製品でそれぞれ構築されているが、5Gに関しては16nmと7nm世代での構築になると同社は見込んでいる。つまり10nmはスキップする、というのが同社の決定だそうで「現在我々の投資は16nmと7nmに集中している」(Glaser氏)という話だった。実際、2015年からやっと16FF+を利用した製品が登場したばかりだから、今後3〜4年はこれがメインとなる。となると次の製品は(2017年あたりに投入されると見込まれる)10nmよりも、むしろその先にある7nmを先行させたほうが賢明、という判断だったようだ。ただこれは当然ながらパートナーであるTSMCの7nmプロセスの動向次第という部分もあるわけで、傍から見るとちょっとリスクの高い賭けな気もしなくもない。いずれ機会があったら、もう少し細かく「なぜ10nmをスキップできたのか」を聞いてみたいところだ。

(大原雄介)