写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士重工業は6月27日、「スバル レヴォーグ」の最上級グレード車「STI Sport」を7月21日に発売すると発表した。

「レヴォーグ STI Sport」は、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルとのコレボレーションにより、レヴォーグの「走行性能」と「走りの質感」・「内外装の質感」がさらに高められている。エクステリアは「STI Sport」専用デザインのフロントフェイスやアルミホイールを採用。足回りは専用のチューニングを施したサスペンションを使用し、専用のコイルスプリングとの組み合わせにより操縦安定性の向上と乗り心地の確保を高次元で両立したとする。

価格は1.6STI Sport EyeSight(1.6L水平対向4気筒DOHC直噴ターボ"DIT"エンジン)が348万8400円、2.0STI Sport EyeSight(2.0L水平対向4気筒DOHC直噴ターボ"DIT"エンジン)が394万2000円。

なお、「レボーグSTI Sport」の発売を記念して代官山 T-SITE GARDEN GALLERYにて7月1日から3日まで特別展示イベントを開催する予定だ。

(神山翔)