27日、中国人民銀行は、人民元の売買の基準となる為替レート「基準値(中間値)」を大幅に引き下げた。対ドルで5年半ぶり、対円で3年ぶりの低水準となる。写真は人民元。

写真拡大

2016年6月27日、中国人民銀行は、人民元の売買の基準となる為替レート「基準値(中間値)」を大幅に引き下げた。対円の基準値は100円=6.5042元(1元=16.7円)で、前週末24日の基準値(6.2725元)に比べ0.2317元の大幅な元安・円高。基準値としては13年6月17日以来約3年ぶりの元安水準となる。

対米ドル基準値は1ドル=6.6375元で、24日の基準値(6.5776元)に比べ0.0599元の大幅な元安・ドル高。2010年12月23日以来およそ5年半ぶりの元安水準だ。

英国の国民投票でEU離脱が決まったことを受けて、世界の金融市場が混乱、特に「割安通貨」と見られている円が買われ急騰したことが背景となっている。(八牧浩行)