26日、一昨年に大麻事件を起こした台湾の俳優コー・チェントンについて、中国公安部が復帰を認めたことを示した。写真1枚目はコー・チェントン、2枚目はジェイシー・チャン。

写真拡大

2016年6月26日、一昨年に大麻事件を起こした台湾の俳優コー・チェントン(柯震東)について、中国公安部が復帰を認めたことを示した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国国家禁毒委員会弁公室および公安部禁毒情報技術センターの副主任である蘭衛紅(ラン・ウェイホン)氏がこのほど、ニュースサイト・中国新聞網が公開したインタビュー動画の中で語った。14年8月に大麻使用が発覚したコー・チェントンについても触れている。

コー・チェントンは当時、ジャッキー・チェン(成龍)の息子で俳優のジェイシー・チャン(房祖名)と共に北京公安局に身柄を拘束された。2週間の拘留を経て台湾へ戻ったが、その後は長期間にわたって活動を中止。昨年、台湾映画に主演したのが復帰第一歩となり、さらにこのほど中国で抗日ドラマを撮影中であることが明らかに。これでやっと中国での封印が解かれた、と話題になっている。

蘭衛紅氏はコー・チェントンについて、「国家の政策は人を救うためのものであり、一撃で殺すものではない。罪を犯しても懲罰を受けたら、もう一度やり直すチャンスを与えなければいけない」とコメント。これによりコー・チェントンは公安局のお墨付きをもらった形となった。

なお、コー・チェントンより罪の重かったジェイシー・チャンについては、このほど中国のネット配信番組に出演。少しずつ露出を増やし、完全復帰に向かうのではとみられている。(翻訳・編集/Mathilda)