2016年のニュルブルクリンク24時間耐久で総合優勝したのはメルセデスAMG GTでした。

そのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(北コース)の別名ともいえる「グリーンヘル(緑の地獄)」という名前のボディカラーをまとった「AMG GT R」が発表されました。

1

フロントにV8エンジン、リアに7速DCTトランスアクスル(変速機とファイナルを一体化したユニット)を配したフロントミッドシップFRであるAMG GT。4.0L・V8ツインターボエンジンは585馬力と700Nmへとパフォーマンスアップされています。

さらに、ボディカラーの『AMGグリーンヘル マグノ』が示すように、ニュルブルクリンク北コースで鍛え上げられたボディワークは、前後のスポイラーを大型化することでグリップレベルを上げ、コーナリング速度を速めているということです。

そのほか、9段階に切り替えられるトラクションコントロール、電子制御サスペンションも搭載。

レースシーンからダイレクトに生まれたロードゴーイングカーの迫力たっぷりのエアロダイナミクスボディは必見です。

「緑の地獄」という名のボディカラー ─ 『メルセデスAMG GT R』画像ギャラリー・その1(http://clicccar.com/2016/06/27/381807/)