自宅で10種類の朝マックを作ってみよう! 「マックグリドル」や「エッグマックマフィン」などのレシピを教えてくれるよ!

写真拡大

朝ごはんに、朝マック。最後にコレを実行したのはいつなのか、全く思い出せない記者(私)です、こんにちは。

「有名レストランやチェーン店、ファストフード店のメニューを家で再現してみよう」という発想のもと、YouTubeへ動画を投稿し続けている「HellthyJunkFood」。彼らが新たに制作したのは、「朝マックのメニュー10品を作ってみよう!」動画です。

【日本の朝マックとは少しちがう】

紹介されている10品はすべて海外のマクドナルドのメニュー。そのため日本の朝マックとは少々異なりますが、「マックグリドル」や「エッグマックマフィン」など耳なじみのあるメニューもチラホラあるので、これを参考に自宅で作ってみるといいかも♪

【マネして作ってみよう】

用意するものはマフィンにビスケット、ソーセージ、卵などなど、日本でも調達できるものばかり。フライパンや電子レンジ、オーブンによって調理されるメニューはそれぞれ作り方もそう難しくはないので、今すぐにでもマネできちゃう!

【どんなメニューがあるの?】

ベスト10形式で紹介されている朝マックのラインナップは、次のとおりです。

10位 ソーセージ ビスケット
9位 ソーセージ マックマフィン
8位 ソーセージ ブリトー
7位 ソーセージ エッグ マックマフィン
6位 エッグ マックマフィン
5位 ビッグブレックファスト
4位 マックグリドル
3位 ベーコンエッグ&チーズ ビスケット
2位 ステーキエッグ&チーズ ベーグル
1位 ベーコンエッグ&チーズ ベーグル

【カロリーと金額がそれぞれ表示されるのでわかりやすい!】

すべてのメニューにおいて、お店で購入した場合の料金と手作りした際にかかる金額、さらには双方のカロリーが表示されるので、非常に参考になる。

また、エッグ マックマフィンで使用されている目玉焼きの作り方なども紹介されておりまして、その全貌は「油を塗ったマグカップの中へ卵を割り入れ電子レンジで45秒」という、実に簡単なもの。

全部作るのに費やした時間はなんと、6時間。日本よりも遥かにボリューミーな内容にビックリ。かなり再現度の高い “手作り” 朝マックメニューの数々を眺めていると、お腹がすいてしまうこと必至です。

【家で作ればちょびっとだけお得♪】

レシピの詳細は、参照サイトをチェック。

ちなみにほとんどのメニューが、お店で食べるよりも家で作ったほうが、低カロリーかつ低価格です。休日の朝、ちょっとだけ手間をかけて、朝マックメニューを作ってみてはいかがでしょうか。

参照元:HellthyJunkFood、YouTube
参考:McDonards.com、McDonards(日本)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る