6月25日、丸の内ピカデリーにて映画『嫌な女』初日舞台挨拶が行われ、映画に出演する吉田羊さん、木村佳乃さん、中村蒼さん、古川雄大さん、ラサール石井さん、そして初めて演出を手掛けた黒木瞳監督が顔をそろえました。


『嫌な女』は、桂望実さんの同名原作に惚れこんだ黒木監督が、自ら出版社に手紙を書き映画化権を獲得した記念すべき初監督作品。

いよいよやってきた初日に、黒木監督は感無量の様子で「出演しているときと今の立場のときと全く違うので、いま大変緊張しています。朝、女優と変わらない気持ちになるように、焼きそばを食べてきました(笑)」と、日課(?)の焼きそばを食したと告白。


黒木監督ならではの演出方法を聞かれた吉田さんは、「女優が女優を撮るので、演出にもちょいちょい瞳さんの芝居の要素が入ってきます。音にこだわる方なので、ナレーション収録のときに『羊ちゃん、今の音はド、レ、ド、ド、でお願い』と言われて。そういうのは宝塚で培われた実績があるからですよね」と、音階で台詞指導をされたと明かしました。


独特の演出方法に場内はざわつきましたが、黒木監督が、「だから、ド、レ、ソとか……」と必死で音の解説をするも、ラサール石井さんが「全然わかんない」と言い、中村さんも申し訳なさそうにうなずき、「楽譜全然読めないんです」と返せば、吉田さんも「わかんないよねえ」と結託。


最終的に黒木監督がミュージカル俳優の古川さんに振ると、古川さんも「僕、ミュージカルをやってるんですけどちょっとわからない、すいません。音符読めないので」と意外な一面を明かし、黒木監督も肩を落としていました。


最後に観客の皆さんが、黒木監督に向かって「公開おめでとう!」と声をかけ、ひまわりがプリントされたうちわをサプライズで広げると、演者一同驚きながらうれしそうな笑みを広げました。


黒木監督は、「私たちが皆さまを笑顔にさせたいと思ったのに、皆さまから笑顔をもらいました。作品では、皆が傷ついたり損したり悩んだり、人生いいことばかりじゃないけど、受け止めて前にいこうとしています」と目に涙をためながら感極まっていました。

さらに「思いはあるんですけど、言葉にならない。ありがとうございます」と深々とお辞儀をして、この日一番の拍手を浴びていました。


『嫌な女』は全国ロードショー中です。