26日、中国が「中国版ノーベル賞」を創設し、早ければ今年9月にも受賞者名簿を発表する。写真は中国国旗。

写真拡大

2016年6月26日、中国が「中国版ノーベル賞」を創設し、早ければ今年9月にも受賞者名簿を発表する。仏RFI(中国語電子版)が伝えた。

台湾・中央社によると、中国の科学者や実業家らによって創設される「未来科学大賞」は、早ければ今年9月にも生命科学と物質科学の2分野の受賞者に賞金100万ドル(約1億円)を授与する方向で準備が進められている。来年には数学・コンピューター科学、テクノロジーの2分野も追加される予定だ。

RFIによると、本家ノーベル賞や、台湾の企業家が「東洋のノーベル賞」を目指して創設した「唐奨」に対抗することになる「未来科学大賞」の受賞者は、中国または中国系の科学者に限定されるという。(翻訳・編集/柳川)