日立オートモティブシステムズは、ブラジルでのエタノール燃料に対応した高圧燃料ポンプが、ドイツ自動車大手のVWに採用されたと発表しました。

1

(画像:日立オートモティブシステムズ)

ブラジルでは、1973年の石油危機を契機とした「国家アルコール計画」で、サトウキビを原料とするエタノール燃料を使用するの車両が開発・販売されています。現在では、全自動車販売台数の約90%を、ガソリンにエタノールを混合した燃料を使用できるフレックス燃料車が占めるまで増加しています。


(画像: バイオ燃料利用体制確立促進事業ホームページ)

ただ、エタノール燃料はガソリンと比べて腐食性や壊食性が高いため、自動車の燃料系統の劣化や損傷が発生しやすいことが課題でした。

日立オートモティブシステムズではこの課題に対し、適切な材料選定とポンプ構造の最適化で、部品の耐久性を向上させ、25メガパスカルの高燃圧と、100%エタノール燃料(E100)への対応を可能としました。

今回、日立オートモティブシステムズ製の高圧燃料ポンプが新興国で販売台数を拡大しているVWに採用され、VWがブラジルで生産する車両に搭載されることになりました。

日立オートモティブシステムズでは、高圧燃料ポンプをVWグループ向けに2004年から供給を開始しており、今後、中国をはじめ、ブラジルと同様の燃料事情を抱える新興国向けに、燃料系部品販売を増加させることを狙っている模様です。

(山内 博)

ブラジルのエタノール燃料に対応! 日立オートモティブシステムズ製の高圧燃料ポンプをVWが採用(http://clicccar.com/2016/06/27/381656/)