「なにこれ酸っぱーーーい!!」顔をしかめながらもクランベリーを食べるのをやめられない赤ちゃん

写真拡大

カナダ西部の都市、カルガリーにあるタンゴレストラン(Tango Restaurant)で、ティー・ブレイクならぬ“クランベリー・ブレイク”していたのは、1歳のホールデン(Holden)くん。

どうやら彼はクランベリーの酸っぱさが病みつきになってしまったようで、コップの底に残ったそれを手で鷲づかみにして口に運んでは、酸っぱーーーい表情。

これを何度も何度も、飽きることなく繰り返している様子に、じわじわきちゃうこと必至なんですっ。

【この「酸っぱさ」がクセになる】

ひとつ食べては、酸っぱーーーい! もうひとつ食べては、やっぱりめちゃくちゃ酸っぱーーーい!!

“やめられない止まらない” 状態でクランベリーを延々食べ続けるホールデンくんを前に、大人たちは爆笑。幼いながらも彼は、クランベリーの酸味が、好きで好きでたまらないみたいね。

【昨年撮影された動画のようです】

途中、店内にかかっている音楽でノリノリに踊っているところを見るに、かなりご満悦な様子。

この動画が公開されたのは2016年6月18日ですが、撮影したのは2015年8月とのこと。ホールデンくんは現在2歳なのだそうですが、今もクランベリーが好物なのかしら?

【視聴者の声】

観ているこちらまでもが酸っぱい表情になってしまうキュートな1本には、続々コメントが寄せられている模様。

「これぞ人の性、って感じ」
「好きとか嫌いとかいう問題ではなく、これは挑戦なのだ」
「私が幼かった頃を見ているみたい」
「かわいい」
「クランベリーチャレンジか……ユーチューバーがどんどん若くなっていくな〜」
「この経験によってこの子は初めて、 “愛憎の絡み合った関係” というものを知ったのね」

“愛憎の絡み合った関係” 、つまりは、「好きだけど嫌い、嫌いだけど好き」という微妙な感情を、身をもって知ったホールデンくん。

この、なんだかよくわからないけれどクセになる感じ、一体何なんでしょうね。永遠の謎だけれど、ホールデンくんの気持ちは、イヤってほどにわかるわ〜!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る