画像

写真拡大 (全2枚)

 サイバーエージェントは、同社のLINEビジネスコネクト向け配信ツールおよび、プライベートDMPにおいて、デジミホのマーケティング・オートメーションツールと連携した。これにより、「R∞」導入企業は、多様なメディアへ広告を配信することが可能となる。

 サイバーエージェントは、LINEビジネスコネクト向け配信ツール「CA‐Link(シーエーリンク)」と、プライベートDMP「RightSegment(ライトセグメント)」において、デジミホのマーケティング・オートメーションツール「R∞(アールエイト)」と連携した。同連携により、「R∞」導入企業は、自社の顧客属性や行動・購買履歴などのユーザー情報をもとにターゲットセグメントを作成・活用し、多様なメディアへ広告を配信することが可能となる。
概要図

 具体的には、「CA‐Link」と「R∞」の連携によって、「R∞」にて作成したターゲットセグメントを活用して「LINE公式アカウント」に最適なメッセージを配信することができるようになる。例えばEC企業の場合、顧客の購買情報を活用し、特定の商品を購入するユーザーを対象に、定期購買を推奨するメッセージを配信するなど、「LINE」を通じたユーザーと企業の深いマーケティング・コミュニケーションの最大化が期待できる。

 また、「RightSegment」との連携では、ターゲットセグメントを活用し、サイバーエージェントの広告ネットワーク、および「RightSegment」が連携する「Yahoo! DMP」を通して、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」や「Yahoo!プレミアムDSP」などへ広告配信することができるようになる。

MarkeZine編集部[著]