仕事を「最後までやりきる」ために必要なものは何ですか? ある女性起業家への質問

写真拡大

教育用の電子モジュールキット「LittleBits」をつくったアヤ・ブデールは、ミッションこそが自らを高めてくれるものだと語る。「起業」がもてはやされる時代に、いま一度その本質を思い出させてくれるブデールの会社論。

「仕事を「最後までやりきる」ために必要なものは何ですか? ある女性起業家への質問」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.23は「GOOD COMPANY いい会社」 特集!

ちゃんと稼いで、ちゃんと社会の役に立つ「未来の会社」の姿を解き明かす「いい会社」特集。ビジネスデザイナー・濱口秀司をはじめ、Beats by Dr.Dreプレジデントや新井和宏(鎌倉投信)、椎野秀聰(ベスタクス創業者)らが、これからの会社のあるべきかたちを指し示す。世界で広まりつつある「B-Corp」のムーヴメントや、シャオミ総帥の語る「エコシステム」哲学、Android OSを生んだ男が目指す新たなビジネスを育むプラットフォームづくりを追う。そのほかにも、弁護士・水野祐が語る「21世紀の法律」特集をはじめ、川田十夢による新連載など、盛りだくさんでお届けする。

LittleBits」は、オープンソースの電子モジュールキットだ。各モジュールを磁石で組み合わせることで、誰もが簡単に、楽しみながらプログラミングの原型をつくれるようにデザインされている。

いまではLittleBitsを通して3,000の学校、230のコミュニティで「魔法」が生み出されている。そして、創設者兼CEOのアヤ・ブデールによると、そのすべての瞬間は「人々の発明の才能を解き放つ」という彼女のミッションにつながっているという。

わたしたちの仕事は、「発明」を民主化すること

「わたしたちが手にしているのは、考え方や、ときには人格までをも変えるトリガーです。『自分は技術オンチだ』と思っている人に『自分でもできた!』と思わせるのです」と、ブデールは説明する。

「すると、彼らの目の前に新しい世界が現れます。わたしたちに感謝の手紙を送ってくれたある親がいるのですが、ハリウッド女優になりたいと言っていた娘が、(LittleBitsを経験したことで)いまでは技術者になりたいと言っているそうです。またLittleBitsのおかげでアイデアを試作品にして、資金調達ができたと言う起業家もいます。

わたしたちは、若者にもお年寄りにも、クリエイティヴで自信にあふれ、アクティヴでいてほしいと思っています。彼らをテクノロジーによってインスパイアしたい。LittleBitsは、発明を民主化する会社になれると思っているのです」

電子キットを買い与えた両親と、デザイナーの姉妹との間で

「魔法の瞬間」は、33歳のブデールが自ら経験したことでもある。

彼女はモントリオールに生まれベイルートで育った。子どものころの彼女の好奇心は、おもちゃを分解してそれがどのように動いているのかを知ることに向かった(「アヤの近くにモノを置くとバラバラにされちゃう、とみんなに言われたものです」)。

両親は、そんな彼女の好奇心を化学実験セットや電子キットを使って育もうとした。しかし彼女は、同時に3人の姉妹(全員がデザイナーだ)にも影響を受けることになった。その2つの世界が、MITメディアラボの「コンピューティング・カルチャー・グループ」でつながった。

「デザインとエンジニアリングとが組み合わされば、とても強力なツールになるはずだと気づいたのです」

MITを卒業後、彼女は中国で数年間ファイナンス分野の仕事をし、その後ニューヨークのEyebeam Art & Technology Centerの特別研究員に就任。そこで彼女は、モジュラー電子キットのアイデアを得ることになる。

2009年、(LittleBitsのアイデアを披露するために)ブデールがベイエリアのメイカーフェアでブースを開くと、親や子ども、教師やデザイナーたちが列をつくって並んだ。

「何百という人々が見に来てくれました。幼い女の子が何時間もLittleBitsで遊んでいたので、彼女の母親はわたしにブースを閉めるふりをしてくれないかと頼んだほどです。その光景を見て思いました。LittleBitsには教育と子どもに資する、強力な何かがあるはずだと」

RELATED

ミッションこそが、起業を助けてくれた

それ以来、LittleBitsは約6,000万ドルの資金を集め、ヨーロッパやアジア、その他の地域で販売されることになる。部品の数や難易度のヴァラエティを増やし、学校向けに300ドルのSTEM教育(Science、Technology、Engineering、Math)用キットを発売。教師向けのコースや放課後学習プログラムも作成した。

LittleBitsは、いまのところ収益を最大化することを先送りにし、成長し続けるべく投資を行っている。

しかし、彼女たちのビジネスは営利目的のヴェンチャーキャピタルに支えられているれっきとした「ビジネス」だ。

「お金を得るのは重要です」とブデールは語る。「お金は会社の自由を意味します」。

しかし、それはあくまでミッションを支えるためのものだという。「ミッションはいつも大きな助けになってきました」と彼女は言う。

「高い目標が重要だと信じる人々、目標のためなら時間をかけることをいとわない人々、互いを邪魔し合ったりしないような人々。彼らはわたしたちのミッションに惹きつけられ、チームに加わってくれました。

もし収益のみが目的なら、それが最大化されることだけを考えればいい。もしミッションが目的なら、誰かからお金をだまし取ることなんてできません。

わたしを高めてくれるのはミッションにほかなりません。つまり、自分の行動が世の中にどんなインパクトを与えるかということです。本当に必要とされるものをつくっていると心から感じていない限り、最後までやりきる力を得ることはできません」

収益とミッションの間で葛藤することはこれまでにあったのだろうか?

「もちろんです」とブデールは言う。「商品の価格を安くするとか利益を上げるとか。そうした悩みを抱えたこともありました。ミッションだけが大事だというなら、コストを下げてでも人々に手にとってもらいやすくするべきでしょう。でも、初期の段階ではまず成長に焦点を当て、とくに富裕層のユーザーにも魅力的だと思ってもらうことを目指しました」

2012年のTED Talkに登壇したアヤ・ブデール。「エンジニアの力をアーティストやデザイナーが使えるものにするためにLittleBitsをつくりました」と語る。

ミッションがないなら、起業すべきじゃない

ブデールが心配するのは、彼女にアドヴァイスを求める起業家の多くが、「会社が何を行うか」よりも「会社を始めること」に興味をもっていることだという。

「彼らは、既存サーヴィスをごちゃ混ぜにしたようなプランを語ります。それこそ『Twitter』と『Facebook』を足して2で割ったようなソーシャルメディアだとか…。

でも、そんなものは意味がないし必要ともされていません。アントレプレナーシップを正しくもつのは、とても難しいのです。解決すべき課題に取りつかれていないのなら、起業などするべきではありません」

世界中の賢い人々が、真の問題を解決するためのスタートアップに加われば、彼らはもっと大きな影響を社会に与えることができるだろう。なるほどいま米国で争われている選挙を見てみると、人々を投票へと向かわせる要因は、教育やヘルスケア、住宅といった争点で、それは多くの人にとって最も基本的なニーズだ。

「ベストなシナリオは、利益とミッションを同時に得られることです」とブデールは言う。「それらが頭脳と心に栄養を与え、財布も豊かにするのです。その2つを得る以外に、人生をよりよく生きる方法はありません」

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.23は「GOOD COMPANY いい会社」 特集!

ちゃんと稼いで、ちゃんと社会の役に立つ「未来の会社」の姿を解き明かす「いい会社」特集。ビジネスデザイナー・濱口秀司をはじめ、Beats by Dr.Dreプレジデントや新井和宏(鎌倉投信)、椎野秀聰(ベスタクス創業者)らが、これからの会社のあるべきかたちを指し示す。世界で広まりつつある「B-Corp」のムーヴメントや、シャオミ総帥の語る「エコシステム」哲学、Android OSを生んだ男が目指す新たなビジネスを育むプラットフォームづくりを追う。そのほかにも、弁護士・水野祐が語る「21世紀の法律」特集をはじめ、川田十夢による新連載など、盛りだくさんでお届けする。