黒木瞳が監督作品「嫌な女」撮影後に号泣「甘えがあったかな」

ざっくり言うと

  • 映画「嫌な女」で初監督を務めた黒木瞳が、撮影当時を振り返っている
  • 撮影後に、家族の顔を見たら張り詰めていたものが切れて号泣したという
  • 撮影中は意識がスタッフに向き、「役者に対する甘えがあったかな」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング