前回は小魚カーでしたが、今回は、大物クルマ、造った人たちです。

シボレー・”コルベット”はGMジャパンの公称、アメリカでは”コーヴェット”と発音して下さい。相手がエンシューでしたら、”ヴェット”で通じます。コルベットとは小型快速護衛艦ですが、いまやスポーツカーの方が有名です。

1953年に初代が発売されましたが、間もなくGMはワークスレース活動禁令を出しました。58年にGM2代目デザイン役員となったウイリアム・L・”ビル”ミッチェルは一計を案じ、開発中のXP-87プロトタイプを”ミッチェル・スティング・レイ(「スティングレイ」と繋げず、初期は2語)・レーサー”と名付け、1959年、自費でメリーランド州のレースに名ドライバーに託して参戦し、見事4位でフィニッシュしました。60年まで活動を続けました。

スティングレイ(1語)は赤エイの一種で、長い1-2本の尾に毒針を秘めています。

ビル・ミッチェルとは70年代、同じ趣味の高性能バイクが縁で知己を得ました。といっても、彼は最新モデル、それも独自カスタマイジングを7、8台、私は手頃な価格車1台の格差でしたが、よくデトロイト北方のデザイン・センターと所外の秘密基地を訪問したものです。

ミッチェルの腹心で、コルベットと数種のスポーツカー・コンセプトをデザインしたのが日系二世ラリー・シノダです。2代目、3代目コルベットは、シノダ作品でした。

1961年2代目C2 (数字は世代)は、明らかにミッチェル・スティング・レイ・レーサーをイメージしたデザインです。名前もコルベット・”スティング・レイ(2語)”です。エイの尻尾を意図した2分割リアウインドウについては、賛否両論が出ました。コルベットの育ての親となるアーカス-ダントフは否定派で、またオーナーからも後方視界を狭めるとの声が出て、マイナーチェンジでワンピースとなります。いまや、2分割の方が蒐集家垂涎の的となっています。

“メイコ”とは、ニュージーランド先住民マオリ族語「鮫」です。生魚は平均3m+、サメ類最速で18ノット(35km/h)を出します。

ミッチェル御大、彼のスポーツ・フィッシング獲物を剥製にしてオフィスに飾っていました。これが1961年の新コンセプトカーのテーマになります。魚のメイコ・シャークは、素晴らしいメタリック調ブルーと下部白のツートーンです。デザイナーたち、どうやっても同じブルーが出せず、一計を案じました。彼らは、夜のうちに剥製の方をデザイン部手持ちカラーに塗ったのです。翌朝、クルマの新塗色案を見たミッチェル、「これでよろしい」! GMデザイン幹部たちは、ミッチェルが居ない席で時々、こんなエピソードともジョークともつかない話しをしてくれました。真偽のほどは分かりません。

メイコ・シャークも生産型C2に影響を与えたデザインです。

ミッチェルは、1965年にメイコ・シャークのボデイを取っ払い、新ボデイをデザイン、GM最新高性能7L・V8を搭載した”メイコ・シャーク”コンセプトを完成します。可変リアウイング、デジタル計器、ステレオを装備し、今でも多くなるハリボテではなく、実走、機能する実験車でもありました。このデザインが1968年C3コルベット・”スティングレイ(1語)”となります。

 

ビル・ミッチェルに会う度に、彼の役者ぶりに感心したものです。

ある日、彼の最新のスーパーバイク2台を見に行きました。デザイン・センターからの足は、チョップドルーフ(ルーフを切り取り、低める)・ビュイック・リヴィエラで、エンジンはなんとNASCARレース用500馬力V8、とんでもない轟音を発しますが、規則にうるさい 所内パトカーも見ない、開かぬふり。

看板もでていない店舗風平屋で見たのがミッチェルの次のカスタマイジングの素材バイク2台、ハーレイ・デイヴィドソンXLR 1000とヤマハTZ 750。オヤジ、GMのコンセプトカー数台に、バイクのコンセプトをペアにしていました(これでデザイン部内の工房が使えます)。

ハーレーは、先鋭的(尖ッた)白い一体カウリングを纏い、 “スティングレイ”と命名しました。後日、「TZ750はどうしました」と聞くと、「一度、うちのテストコースで乗ったが、レーサーはレーサーの手に渡すべきと考え、才能ある若手に彼が買える値段で譲ったよ」。オヤジのいいところです。

ミッチェルは、視界、空力安定性に課題のあったメイコ・シャーク兇離椒妊い魄貎靴掘∈膿靴離▲襯V8搭載車を製作しました。”マンタ・レイ”です。マンタ・レイは成魚でオス3.75m、メス4mに達する大型エイです。

ビル・ミッチェルは、1977年に定年引退しました。第3代デザイン役員となったアーヴ・リビッキは、優れた画才をもつ芸術家肌でした。ミッチェルの奔放さに、いささか辟易していたGMトップの選択だったという説がありあります。『金太郎飴』型の量産車が続出した時期です。

(山口 京一)

見れば納得! 鮫やエイがテーマの歴代「コーベット」(http://clicccar.com/2016/06/27/381753/)