レーティング:ハンガリー 0-4 ベルギー《ユーロ2016》

写真拡大

▽ユーロ2016ラウンド16のハンガリー代表vsベルギー代表が26日にスタッド・ムニシパルで行われ、ベルギー代表が4-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ハンガリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 キラーイ 6.0

4失点はいずれもノーチャンス。ベテランらしい絶妙な間合いの取り方で再三のビッグセーブを見せた

DF

2 A・ラング 4.5

好調アザールに全く対応できず。苦しい対応が続いた

23 ユハス 5.0

前線で起点を作られて後手を踏む対応を強いられた

(→ベーデ -)

20 グズミチ 5.0

チームのボールの失い方が悪かった影響もあるが、数的不利での対応を強いられた

4 カダール 5.0

相手のフィニッシュの精度に助けられたが、メルテンスに再三のチャンスを許した

MF

14 ロブレンチチュ 5.5

豪快なミドルシュートを放つなど、ジュジャークと共に可能性を感じさせた

10 ゲラ 4.5

ボールの失い方が悪く、守備では相手のスピードに付いて行けず

(→エレク 5.0)

守備面で奮闘も最後は力尽きた

16 ピンテール 5.0

ウォームアップ中に負傷したクラインハイスラーに代わってスクランブル起用。攻守ともにどっちつかずのプレーが目立った

(→ニコリッチ 5.0)

投入直後の失点で攻撃の起爆剤とはなれず

8 A・ナギ 4.5

ゲラと共に中盤をコントロールできず。中盤の争いで常に劣勢を強いられた

7 ジュジャーク 6.5

質の高い仕掛けなど、劣勢の中で随所に違いを見せた

FW

9 サライ 5.5

味方のサポートが少ない中、幾度となくチャンスに絡んだ

監督

シュトルク 5.5

結果的に大敗も強大な相手を70分過ぎまで苦しめた

▽ベルギー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 クルトワ 6.5

危険なスリップもあったが、後半にビッグセーブを連発

DF

16 T・ムニエ 5.5

攻撃参加の回数は少なかったが、守備は堅実にこなした

2 アルデルヴァイレルト 6.5

値千金の先制点を記録。守備でもソリッドな対応を続けた

3 ヴェルメーレン 6.0

サライをきっちり監視。ビルドアップもそつなし

5 ヴェルトンゲン 5.5

ミドルレンジのパスの精度はさすがも、ジュジャークの対応に関してマークの受け渡しなどで苦戦

MF

14 メルテンス 5.5

良いタイミングでのランニングでチャンスに顔を出したが、フィニッシュの質、判断が今一つ

(→カラスコ 6.0)

ダメ押しの4点目を奪い、メルテンスとの決定力の違いをアピール

4 ナインゴラン 7.0

4点目をアシスト。中盤の競り合いで完勝。再三のカウンターチャンスを演出

7 デ・ブライネ 6.5

先制点をアシスト。オープンスペースで持ち味のテクニックを遺憾なく発揮

6 ヴィツェル 6.5

ナインゴランとの好連係で中盤を制圧。バランス意識も高かった

10 アザール 7.5

勝負を決める1ゴール1アシスト。キレ味鋭い仕掛けで相手の脅威に。複数のDFを引き付けて味方を生かした

(→フェライーニ -)

FW

9 ルカク 5.5

よくフィニッシュに絡んだが、判断の悪さで味方を苛立たせる場面も

(→バチュアイ 6.0)

今大会初出場で投入2分後にゴールを記録

監督

ヴィルモッツ 6.0

交代選手が2点に絡んだが、試合運びの部分など無能さを窺わせる面も…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

アザール(ベルギー)

▽圧巻のパフォーマンスでチームを勝利に導くエースの仕事を果たした。前半は味方との拙攻に苛立つ場面もあったが、文句なしのラストパスと個人技で勝負を決める2点をもたらした。

ハンガリー 0-4 ベルギー

【ベルギー】

アルデルヴァイレルト(前10)

バチュアイ(後33)

アザール(後34)

カラスコ(後46)