「ズートピア」興収が70億円突破、世界でもディズニー史に残る“旋風”。

写真拡大

人間のように暮らす動物たちの“楽園”を舞台にしたディズニーのファンタジー・アドベンチャー「ズートピア」が、興行収入70億円突破した。

6月23日時点で興行収入70億1280万円、動員543万3,600人を記録した本作。公開から2か月を経てもなお、大人から子供まで幅広い層からの支持を受け、依然“2016年No.1”作品を守り続け記録更新中だ。

先日の18日、19日の週末は、「植物図鑑」や「64 ロクヨン」など、多くの話題作が公開されたが、週末興収ランキングで1位に輝いた。

世界ではディズニーのアニメーション作品として「トイ・ストーリー3」「アナと雪の女王」のたった2本しか成し遂げていなかった世界興収10億ドルの壁も突破しており、「ズートピア」旋風はまだまだ続きそうだ。