25日、観察者網は記事「マナーがひどすぎ?!台湾のホテルが7月から中国本土観光客を受け入れないと発表」を掲載した。マナーが悪く、部屋を壊されていることもしばしばだったという。写真は「Hotel Wo」。

写真拡大

2016年6月25日、観察者網は記事「マナーがひどすぎ?!台湾のホテルが7月から中国本土観光客を受け入れないと発表」を掲載した。

【その他の写真】

台湾・高雄市のホテル「Hotel Wo」は6月22日、中国本土観光客の旅行ツアーを受け入れないと発表した。マナーが悪く、チェックアウト後に部屋の修繕が必要なケースが多々あったためだという。

マナーだけではなく、中国本土ツアー客の減少も背景にある。蔡英文(ツァイ・インウェン)政権誕生後、中国政府は圧力をかけるべく、中国人観光ツアーの数を減少させている。ツアー客の数は前年同期比31.7%の減少となった。(翻訳・編集/増田聡太郎)