©Tourism Authority of Thailand

世界最大級のオンライン宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が、家族旅行に関するランキングを発表。ファミリーにも優しい旅行先とは?

 

ファミリー層に人気の旅行先は?


Booking.com(ブッキング・ドットコム)は、5つ星の高級ホテルから、ツリーハウスや船上ホテル、家族経営のゲストハウスなど、種類豊富な宿泊施設を数多く掲載する世界最大級のオンライン宿泊予約サイト。その日本ユーザーによる「家族旅行」に関するランキングが発表された。

『家族旅行』が目的の旅行先ランキング」では、上位5か国中なんと3か国が東南アジアからランクイン。2位にインドネシア、4位にタイ、5位にマレーシアが選ばれた。同時に発表された「家族旅行の目的」ランキングでは、上位の国々のファミリー人気を裏付ける結果となった。

 

東南アジアトップはバリ島が人気のインドネシア!


001バリ島のアナンタラ・バリ・ウルワツ・リゾート&スパ  ©Anantara Hotels, Resorts & Spas

人気旅行先の東南アジアトップに輝いたインドネシアは、バリ島に代表される家族向けのビーチリゾートが充実。シュノーケリングやジェットスキーなど、子供向けのビーチアクティビティが楽しめる他、ウブドのモンキーフォレストなど、ビーチ以外にも家族向けスポットを有する。大人から子どもまで楽しめる手軽な目的地として、ファミリー層からの圧倒的な支持を得る結果に。
・インドネシアの情報はこちら>

 
前編TOPタイのサムイ島  ©Tourism Authority of Thailand

タイは、世界有数の美しい自然と豊かな歴史を同時に体験できる人気の観光地。クラビの150kmにも及ぶ美しい海岸線や、手付かずの自然が残る国立公園の他、古代遺跡、王宮、寺院などの文化財も豊富だ。家族全員のリクエストが叶うバラエティ豊かな観光スポットやアクティビティが人気を集めている。
・タイの情報はこちら> (http://tripping.jp/asean/thailand)

 
pixta_16303435_Sマレーシアの首都クアラルンプール   photo:PIXTA

テーマパークがファミリー層に支持されているマレーシア。ジョホールバルのレゴランドでは、テーマパークとウォーターパークが同時に楽しめ、併設のレゴホテルを利用すれば移動もストレスフリー。その他、ファミリーに人気のランカウイ島は、水田や石灰石の山、美しい公園を有する熱帯の楽園。タマンネガラ国立公園では、ジャングルに潜む野生の動物が見られる。
・マレーシアの情報はこちら> (http://tripping.jp/asean/malaysia)

 
「家族旅行」が目的の旅行先ランキング
1位 アメリカ
2位 インドネシア
3位 オーストラリア
4位 タイ
5位 マレーシア

 

多様化する家族旅行の目的


「家族旅行の目的」としては「温泉(スパ)やウェルネス」がランキング第1位に。続いて「市内観光」「観光旅行」「歴史ツアー」などがランクインする一方、「ビーチ旅行」「アウトドア」などのアクティブ派の意見も。

そんな、多様なリクエストを叶える国が、ファミリー層の旅行先として人気を集めているようだ。

 
「家族旅行の目的」ランキング
1位 温泉(スパ) / ウェルネス
2位 ロードトリップ(車での旅行)
3位 市内観光
4位 観光旅行
5位 歴史ツアー / 文化ツアー
6位 帰省、家族や友達訪問の旅
7位 買い物旅行
8位 ビーチ旅行
9位 ワイナリー見学
10位 アウトドア等でアクティブに過ごす

 
参照元:Booking.com(ブッキング・ドットコム) (http://www.booking.com)