▽26日に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第20節の徳島ヴォルティスvsツエーゲン金沢は、1-0で金沢が勝利した。これで、金沢は7試合ぶりの白星。対する徳島は2連敗となっている。

▽ここまで6勝3分け10敗で14位の徳島と、2勝6分け11敗で最下位に沈む金沢が相まみえた。試合は、ホームの徳島がボールを動かしながら、金沢を攻め立てていく。

▽ところが、徳島のペースで進んだ試合は攻め切れない展開が続きゴールレスで前半終了。迎えた後半も前半と同様にこう着状態が長く続き停滞感が漂う。

▽その後も動きなく後半アディショナルタイムに突入すると、金沢は相手DFのクリアボールに反応した山藤が右足を一閃。これが決勝点となり、7試合ぶりの白星を手にした。