彰化県政府提供

写真拡大

(彰化 26日 中央社)彰化県大村郷で26日、ブドウとエリンギなど同県特産品の展示即売会が開かれ、魏明谷県長が旬のおいしさをPR。会場には消費者約1000人が詰め掛ける盛況ぶりとなった。

魏県長は、ブドウは彰化の重要な農産物だと強調。市民が食べるブドウの半分は彰化産だと語り、特に一大産地とされる大村郷の知名度向上を図る考えを示した。

(蕭博陽/編集:齊藤啓介)