C・シュワーツェルは13アンダーで5位タイ(撮影:岩井康博)

写真拡大

<ISPSハンダグローバルカップ 最終日◇26日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>
 石川県にある朱鷺の台CCで開催された、国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」の最終日。トータル17アンダーまでスコアを伸ばした朴ジュンウォン(韓国)とエミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)がプレーオフを行い、朴が勝利。嬉しいツアー初優勝を挙げた。
アルバトロスを決めてカメラにニッコリ笑うのは…
 この大会には多くの招待選手が出場。グリジョをはじめ5位タイに入った2011年のマスターズ覇者チャール・シュワーツェル(南ア)、同じく5位タイでローアマに輝いたカーティス・ラック(オーストラリア)、9位タイにはパドレイグ・ハリントン(アイルランド)とビクター・デュビッソン(フランス)が入り、しっかりと結果を出してきた。
 シュワーツェルやグリジョは前週の「全米オープン」で4日間戦い弾丸スケジュールで来日。その中でも上位に食い込んで見せた。逆に日本勢でトップ10に入ったのは44歳の平塚哲二ただ一人。迎え撃つ立場の国内ツアー勢の存在感が薄かった印象は否めない一戦となった。
エミリアーノ・グリジョ
「今日はプレーの内容が悪く、フロントナインでなかなかチャンスにつけることができなかったが、なんとかプレーオフに持ち込むことができた。プレーオフでは相手が素晴らしいショットを披露し、昨日も一緒にラウンドしたが非常に良いゴルフをしていたのでこの結果は受け入れるしかないと思う。またぜひ戻ってきたい。できれば優勝して来年戻ってきたかったが、また招待してもらえたら嬉しい。日本は大好きな国だし1週間じゃ物足りなかった。来年になるのかいつになるかはわからないけど、必ず戻ってくるよ」
チャール・シュワーツェル
「今日は自分の狙ったところに行かない悪いスタートになってしまった。やはり6番のOB。この代償が大きかったです。バックナインで頑張ったのですが、すでに遅かったですね。今週良い週でした。日本に来るのをいつも楽しみにしています。僕の好きな場所ですし、また帰ってきたいと思います」
パドレイグ・ハリントン
「良いプレーができたのですが、日曜日に上を見てプレーするということは 全部のホールでバーディを狙っていかないといけない状況。その中でボギーを打ってしまうと 難しい立場ですね。いつも日本に来ると、とても楽しめて、日本のツアーもゴルフ場もコンディションが良く、来るたびにまた帰ってきたいと思います。(日本の選手に関して)インターナショナルな試合ではやはり距離が必要になってくると思います。 より遠くに飛ばす必要があると思います。その他に関してはまったく問題がないと思う」
カーティス・ラック
「日本でのツアーは今回が初めてでしたが、4日間楽しめました。プロ転向前に良い経験ができて主催者のISPSに感謝します。今回日本のツアーを経験できて 今年プロ転向後(10月ごろを検討) アメリカのウェブドット、ヨーロピアン、日本のツアーQTも受けることも視野に入れたいと思います」
<ゴルフ情報ALBA.Net>