<高雄ライトレール>運転区間延長  カード利用で運賃無料は継続/台湾

写真拡大

(高雄 26日 中央社)昨年10月に一部区間でプレ開業した高雄ライトレール(LRT、軽軌)の運転区間が26日、従来の籬仔内−凱旋中華間2.2キロから籬仔内−高雄展覧館間4.6キロに延長された。午前9時には始発列車が出発したが、プレ開業からすでに半年以上が経過していることもあり、大きな混雑は見られなかった。

同線は全線22.1キロの環状線。籬仔内−哈瑪星の第1期区間8.7キロで正式開業に向けた準備が進められている。

電車は午後7時まで30分間隔で運転。今後運転時間の延長と増発も検討する。当面はこれまでと同様、交通系ICカードiPASS(一カー通)の使用で運賃無料での乗車が可能。(カー=上の下にト)

(程啓峰/編集:齊藤啓介)