最終日最終組で堀琴音が得たものとは(撮影:前田俊二)

写真拡大

<アース・モンダミンカップ 最終日◇26日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,541ヤード ・パー72)>
 「アース・モンダミンカップ」最終日。6打差の大逆転を狙いスタートした堀琴音だったが、スコアを1つしか伸ばせずトータル10アンダーの4位タイで前半戦最後の試合を終えた。
アースモンダミンカップ最終日写真集
 ラウンド後に堀の口から出るのは優勝した同組のイ・ボミ(韓国)を称賛する言葉ばかりだった。「いやぁ、強かったですね。最終日にしっかり伸ばしているし、勝負勘がすごかった。勝負のときのパットは絶対に決める。そして一番すごいのがショットの距離感。すごくピンについてくるし縦の距離がすごい。女王のゴルフを目の前で見せつけられました」。
 様々な記録を塗り替えるボミのプレーを見て感じるのは、「あのゴルフを見たら練習するしかない」ということ。「優勝するにはボミさんを倒さないといけない。一緒に回れたのは大きな収穫だった。本当に頑張らなくちゃいけないと思いました」。自分に語り掛けるように最後まで何度も同じ言葉を口にした。「練習しかない。それしか言葉が出てこないです」。
【最終結果】
優勝:イ・ボミ(-20)
2位:ペ・ヒギョン(-15)
3位:鈴木愛(-11)
4位T:笠りつ子(-10)
4位T:堀琴音(-10)
4位T:キム・ハヌル(-10)
4位T:フェービー・ヤオ(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第17回】
携帯電話、カメラ…ツアー屈指の人気を誇るイ・ボミは観戦マナーに複雑な心境
ベスト5唯一の日本勢・堀琴音 意地のパーセーブで希望通り最終組へ