連続トップ5記録を更新する今季2勝目!(撮影:前田俊二)

写真拡大

<アース・モンダミンカップ 最終日◇26日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,541ヤード ・パー72)>
 2位のペ・ヒギョン(韓国)に5打差をつけるトータル20アンダーで「アース・モンダミンカップ」連覇を達成したイ・ボミ(韓国)。開幕前は「今年はここまで勝負をかける場面で勝てていません」と語っていた“勝負弱さ”を払しょくする完勝劇だった。
イボミが連覇!アースモンダミンカップ最終日写真集
 2位に4打差をつけてスタートしたボミは、1番パー5で3打目を1メートルにつけて“おはようバーディ”を奪うと、7番では1メートルに付けたヒギョンにプレッシャーをかけるように3メートルを沈めて2つ目のバーディを奪取。これにはヒギョンも「2打差に詰め寄って、“さらに縮められる”とチャンスに感じたときに決められて。さすがだなぁ、と」。後続に付け入るスキを与えなかった。
 折り返してからも2つ伸ばし、大歓声で迎えられた18番グリーンでは、決めれば2013年に堀奈津佳が記録した最少スコアに並ぶパットを決められず苦笑いを浮かべたが、返しのウイニングパットをしっかりと決めてバンザイ。グリーンサイドで待っていたキム・ハヌル(韓国)、イ・ナリ(韓国)らからハグの祝福を受けた。
 今大会は悲願の五輪出場に向けて勝負の週だった。キム・ヒョージュを抜いて韓国勢7番手になったことに加え、韓国1番手のインビー・パークが負傷により欠場する可能性もここにきて浮上。「今週と全米女子オープンを勝ったらいけるかもしれない」と、わずかに差し込んできた光を確かなものにするには勝利が不可欠だった。
 だが、今年は“ここぞ”というところで勝負をかけられなかったと感じていた。メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」や、首位に並びながらも最後にボギーを叩いて敗れた「サントリーレディス」など、連続トップ5など記録を打ち立てていたものの、勝負弱さが懸念材料だった。
 だが今大会はそんな懸念を感じさせなかった。ボミが勝負強さを取り戻した理由に挙げるのがパッティングだ。これまで打つまでの間のルーティン中に迷いが生じ、決められないことがあったが、今週は「ここ、と決めたらそれを信じて打つようにした」。効果は抜群で「ミスは3日目の3パットの1度しかなかった」。その勝負強さに同組の堀琴音も「ここぞのパットを決めてくる。女王のゴルフを見た」と思わずうなった。
 勝負強さを取り戻して迎えるは五輪出場選手決定前の最後の試合「全米女子オープン」。「ANAインスピレーションでもトップ10に入れたし、日本にも難しいコースはたくさんある。自信を持って頑張りたい」。様々な記録を塗り替え続ける日本ツアーの最強女王が、いよいよリオへの最終決戦へと向かう。
【最終結果】
優勝:イ・ボミ(-20)
2位:ペ・ヒギョン(-15)
3位:鈴木愛(-11)
4位T:笠りつ子(-10)
4位T:堀琴音(-10)
4位T:キム・ハヌル(-10)
4位T:フェービー・ヤオ(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第17回】
携帯電話、カメラ…ツアー屈指の人気を誇るイ・ボミは観戦マナーに複雑な心境
ベスト5唯一の日本勢・堀琴音 意地のパーセーブで希望通り最終組へ