左から黒木瞳監督、中村蒼、吉田羊、木村佳乃、古川雄大、ラサール石井

写真拡大

女優の黒木瞳が初監督に挑戦した『嫌な女』の初日舞台挨拶が6月25日に丸の内ピカデリーで行われ、W主演をつとめた吉田羊と木村佳乃をはじめ、中村蒼、古川雄大、ラサール石井と黒木監督が登壇した。

[動画]黒木瞳が初監督!吉田羊と木村佳乃W主演の『嫌な女』予告編

吉田は「『映画を公開初日に見ようという人に悪い人はいないよ』と死んだおばあちゃんが言っていましたけれども、本当にその通りで、みなさまの顔が天使に見えます。今回、私は石田徹子という堅物な女性を演じさせていただきましたが、やっとみなさまにご覧いただけて嬉しく思います」と挨拶。

木村は「瞳さんの初監督作品に出させていただけて本当に光栄でした。美しく第一線で活躍されている大先輩の瞳さんですが、監督としては厳しかったです。同じ女優でもあるし、今まで男性の監督には指摘されたことがない演技指導を受け、大変勉強になりました。また、羊さんともバチバチする役柄だったので、お互い刺激し合いながら、熱い夏を過ごすことができました」と話した。

ラサール石井は「こういった初日挨拶は、イケメンの俳優さんと美人女優さんがズラッと並んでいる中に見たことがないおじさんがいて、たいていそれが監督なのですが、今回は監督がおキレイなので、素晴らしいこの並びのバランスをとるために私は呼ばれております」と話し笑いを誘う。

黒木監督は「初日、初回の劇場に足をお運びいただきまして誠にありがとうございます。キャストのみなさんのご挨拶を聞いているだけで感無量です」と挨拶。初監督の苦労について「『嫌な女』の原作をいただいたのは、ちょうど5年前の今頃で、本当に何度も諦めようとしました。撮影に入ってからも帰ろうかなと思ったことも正直1回あります(笑)。(竹内)まりやさんに弱音を吐いたこともありました」と続けた。

そうした中、背中を押してくれたのは、スタッフやキャスト、さらに「映画を見てくれた方がきっと笑顔になってくれるだろう」と信じたことだそうで、「私の尊敬する人が、『1人の人を笑顔にできないで大勢の人を笑顔にはできない。だからもしあなたが悲しいなら、あなたをまず笑顔にさせてあげたい』とおっしゃっていて、人ってちょっとしたことで勇気をもらったり、前向きになったりするんだなと思いました。この映画もちょっとした勇気や笑顔を与えられるようなものにしたいと思って作りました。今日これからごゆっくりご覧になってください」と話した。

なお、この日は本作が、10月6日より開催される「第21回釜山国際映画祭」の「アジア映画の窓」部門への正式出品が決まったことも発表された。観客からのサプライズで「公開おめでとう!」の言葉とともに、映画を象徴する花である向日葵(うちわ)が掲げられると、その光景に黒木監督をはじめキャスト陣が目を潤ませる一幕も見られた。

【関連記事】
吉田羊「(木村)佳乃ちゃんは本当に叩くのがうまい!」/映画『嫌な女』
黒木瞳の初監督作で吉田羊と木村佳乃がW主演。現在撮影中!
黒木瞳が映画監督に初挑戦! 8月1日のクランクイン前に今は極度の緊張状態!?
黒木瞳「右に出る者はいない」と宝塚同期の真矢みきのコメディエンヌぶりを絶賛!