品よく見せたい女子必見! お嬢さまが絶対言わないこと11 「●●発言全般」

写真拡大

お嬢さまに見える女性、というのは、イコール上品に見えている、ということです。下品な女性を、「お嬢さま」とは誰も思わないでしょうからね。上品な女性に憧れている人も、きっと多いと思います。ですが、お嬢さまっぽい女性、上品な女性とは、一体、どんな特徴があるのでしょうか? そこで今回は働く男性たちに、お嬢さまかどうか見極める言葉のポイント「お嬢さまならきっと言わないこと」について教えてもらいました。

■お金にまつわること

・「安ければいいといったお金関係のこと」(29歳/小売店/事務系専門職)

・「貧乏とかマイナス要素な事は言わなさそう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「お金に関してのうるさいことは言わない」(30歳/その他/技術職)

・「お金がないから遊べないとか。飲みにいけないとか」(35歳/アパレル・繊維/営業職)

お金のことを細かく気にするのは、少々下品に感じてしまいそうですよね。自分の懐事情をあけすけに話すのもNGですが、人の収入を詮索するようなまねはもっての外です。

■ネガティブなこと

・「自身をおとしめるような言葉。自信に満ちあふれていそう」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「ネガティブな発言。自分に自信があるから」(29歳/その他/その他)

・「お嬢さまなので、人を傷つけるような発言全般はしないと思う。そういうことをする人間は偽物だと思う」(32歳/その他/その他)

謙遜はしても、自分をおとしめるようなことは言わない。その姿勢も清廉で、好感が持たれやすそうですよね。ネガティブな発言ばかり繰り返す人は、お嬢さまに見える・見えないに関係なく、男性ウケが良くないようです。

■汚い言葉

・「汚い言葉遣い。きちんと教育されていそうなので」(26歳/その他/その他)

・「下品なことや、方言や、若い人が喋るような感じ」(31歳/建設・土木/技術職)

・「汚い言葉遣いはしなさそう! キレイな言葉遣いが当たり前そうだから」(32歳/ソフトウェア/その他)

・「教育されてきてるので、下品な言葉を使う傾向にはないと思います」(31歳/医療・福祉/専門職)

きちんとした大人であれば、状況に応じてどんな言葉遣いをすべきか、わかるはずですよね。話し方や話す内容で、その人の上品さは伝わるはず。乱れた言葉や、下品な言葉遣いは、絶対にNGです。

■まとめ

自分の品位をもっと磨くためには、小さなところから変えていく必要があります。「言葉」はその最たるものではないでしょうか。「お嬢さまとはまず思われない発言」に心当たりがあるのなら、今、この瞬間から直していきたいところですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数男性203件(25歳〜35歳の働く男性)