「安定かつ緊密に」  パナマ訪問の蔡総統、関係強化に期待/台湾

写真拡大

(パナマ 26日 中央社)外遊中の蔡英文総統は25日午後、中華民国(台湾)と正式な外交関係を持つパナマを訪問した。空港到着時には談話を発表し、「今回の訪問を通じて、両国の友好と協力関係がさらに安定かつ緊密なものになれば」と期待を示した。

空港ではパナマ外務省の副大臣や現地の華僑らが蔡総統の到着を歓迎。パナマ運河の拡張工事完成式典に出席する予定で、蔡総統は「友人宅で開かれる祝賀の場に来たみたいだ」と喜んだ。

また、フアン・バレラ大統領との会談では、両国の関係や共通の問題について意見交換を交わすとしており、直接的な交流で友好関係の継続と福祉増進を図ることができればと述べた。

(葉素萍/編集:齊藤啓介)