中国のネット上では憤青らによって「日本製品ボイコット」がたびたび叫ばれるが、延辺大学の金銀玉さんは、メイドインジャパンの位置づけについて作文につづっている。資料写真。

写真拡大

中国のネット上では憤青(愛国思想が強い若者)らによって「日本製品ボイコット」がたびたび叫ばれるが、それが現実的ではないことは中国人自身もよく理解している。延辺大学の金銀玉さんは、メイドインジャパンの位置づけについて作文に次のようにつづっている。

【その他の写真】

高校の時、私と私の友達はCDプレーヤーを持っていました。でも、彼女のCDプレーヤーは中国製です。私のは、叔父が日本から持って来た日本製品です。彼女はいつもこう言います。「またバッテリーがなくなった。まだ、2時間しか聞いてないのに。君のはいいね。10時間も聞くことができるから。やはり、日本製品は品質がいいね」。そう、日本製品を使ったことがある人は、日本製品のいい点を感じたはずです。

日本の製品は中国で非常に人気があります。それはなぜでしょうか。まずは、中国人の心にはもう、日本の製品は品質がいいという考え方ができたからかもしれません。値段はちょっと高くても、品質が良ければ長い時間使うことができます。長い目で見れば日本の製品を買うのがもっと節約になります。

次は習慣です。何十年間、ずっと日本製品を使っているので、そのメリットを感じて、ほかの製品を使いたくないと思っている人もいると思います。15年前、お金をたくさん使い松下(パナソニック)のテレビを買いました。信じられないことに、今でもこのテレビは壊れていません。ですから、父は「テレビを買うなら、次も日本製」と言っています。日本製は中国だけでなく世界で人気です。

では、なんで日本人はそんなに精密な、人々の要求を満足させる製品を作ることができるのでしょうか。まずは、日本の歴史と関係があると思います。明治維新の後、日本人は西洋の技術を熱心に学び、だんだん現代の技術を掌握するようになりました。そして、日本人は国民の教育を非常に重視し、いろいろ有能な人材が育成されました。もちろん技術を高めるためにお金がたくさんかかります。日本政府はたくさんの資本を投下しました。技術、教育、資本は、日本製品を作るのに欠かせないものです。

次は、日本の国情です。日本の国土は狭くて、資源はあまり豊かではありません。ですから、節約しなければなりません。日本は物を多く生産するのではなく、ひとつの製品にその最大の効能を発揮させます。研究に研究を重ねて、今こんなに立派な製品を作ることができるようになったのではないかと思います。日本人はガソリンを多く消費しない小型車を開発しました。そのような車は、環境とエネルギーが問題になった今、日本ばかりだけでなく全世界のニーズにも合っています。

最後は、日本人の民族の精神です。日本人はまじめですから、製品を作る時には、真剣になります。特に、細かいことに気をつけています。細かいことに気をつけることができるからこそ、日本製品は世界中で愛用されているのだと思います。「メイドインジャパン」はどこで生産したかの標識というだけでなく、品質の保証になりました。未来も、もっと多くの信頼できる製品を作ることができると思います。(編集/北田)

※本文は、第六回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「メイドインジャパンと中国人の生活」(段躍中編、日本僑報社、2010年)より、金銀玉さん(延辺大学)の作品「キャンドルの光」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。