蔡総統、潜水艦製造やTPP参加などで米国の協力呼びかけ/台湾

写真拡大

(パナマ 26日 中央社)外遊中の蔡英文総統は25日、経由地となる米・マイアミを訪問した。約24時間の滞在中、複数の連邦議会議員らと面会するなどし、国産潜水艦の製造や環太平洋経済連携協定(TPP)の参加、貿易投資枠組み協定(TIFA)などの分野で、米国側の協力を呼びかけた。

総統府の曾厚仁副秘書長によると、マイアミの空港では米国在台協会の関係者が出迎えた。連邦議会議員との面会ではそれぞれ強固な台米関係を確認したという。

台湾を重視する声に触れた蔡総統は、「台湾の人々はあたたかさを感じ、孤独ではないと思うだろう」と感謝を述べ、友好的な関係の継続に期待を寄せた。

(葉素萍/編集:齊藤啓介)