中国人の経済力が向上するにつれ、中国では自動車保有台数が伸びている。中国はすでに世界最大の自動車大国だが、その背後では大気汚染や駐車場の確保が困難といった問題も生じている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人の経済力が向上するにつれ、中国では自動車保有台数が伸びている。中国はすでに世界最大の自動車大国だが、その背後では大気汚染や駐車場の確保が困難といった問題も生じている。

 だが、人口1000人あたりの自動車保有台数でみると、日本のほうが圧倒的に中国を上回っているのが現実だ。なぜ中国では渋滞や駐車場の確保困難といった問題が起きるのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では駐車場の確保困難が深刻な問題になっていると指摘、一部のドライバーが「路肩に違法駐車をしたり、ひどい人では道路の真ん中に駐車したりしている」と伝え、交通状況に深刻な影響をもたらしていると伝え、日本をはじめとする国の駐車場問題の解決法に学ぶべきだと論じた。

 記事は、違法駐車をするドライバーに対し、「自分が駐車場を見つけられなかったからといって、他人の交通を阻害して良いわけがない」と強く批判。さらに、当局に対しても、違法駐車に対して罰金を科すだけでは解決にならないと主張、根本的な解決のためには駐車場を増やす必要があることを指摘した。

 さらに、日本や米国など、中国以外の国では月極駐車場や立体駐車場、さらには路肩のパーキング・メーターなどの存在を指摘し、中国の日増しに深刻化する駐車場問題について一刻も早く解決するよう強く求めた。

 中国の駐車場や渋滞をめぐる問題は、ドライバーのマナーに起因する部分もあることは否めない。記事は複数の写真を掲載しているが、中国の場合は駐車スペースを示す枠を無視して皆が思い思いの場所に停車しているため、一部の車はまったく身動きがとれない状況に陥っているのが見て取れる。日本の写真は駐車スペースを示す枠内に整然と車が止められていて、壮観ですらある。中国では路上でも2車線の道路を3台の車が並走するようなことも日常茶飯事であり、駐車場が圧倒的に少ないという現実はあるものの、運転マナーの向上も喫緊の課題の1つなのは間違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)