左から白石和彌監督、ピエール瀧、YOUNG DAIS、綾野剛、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)

写真拡大

綾野剛が日本一ワルな警察官を演じた『日本で一番悪い奴ら』。この映画の初日舞台挨拶が6月25日に丸の内TOEIで行われ、主演の綾野をはじめ、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇した。

[動画]スカパラとKen Yokoyamaに囲まれた綾野剛「今年一番楽しい」と満面の笑み/『日本で一番悪い奴ら』イベント

本作は、「日本警察史上の最大の不祥事」と呼ばれる稲葉事件で「黒い警部」との異名を残す実在の男をモデルにした北海道警察の警部・諸星要一が、逮捕されるまでの壮絶な26年間を描いた野心作。

主人公の諸星を演じた綾野は、映画そのままに“ホンモノ感”が漂うスーツに身を包み、「朝からこのような問題作を見ていただきましてありがとうございます」と挨拶。

植野は「ハイ、みなさんグッドモーニングです」とまさかの英語で挨拶すると、綾野はすかさず「英語話せないでしょう!」とツッコミ。続けて「インド人じゃないの?」と植野に問いかけると「僕、パキスタン!」と激高する劇中のワンシーンを再現。上映後の舞台挨拶とあって、観客は大爆笑していた。

さらに綾野は、日本警察史上最大の不祥事を基にした本作を「この作品は意外と笑えましたか?」と問いかけ、満足した観客から大きな拍手が起こる場面も。その反応にピエール瀧は「ほんと、みなさん不謹慎ですね(笑)」と観客にツッコミを入れていた。

また、撮影時の思い出について聞かれたYOUNG DAISは「綾野さんがリードしてくれて、普段から撮影内外で作っていただいたコミュニケーションのおかげでとてもいい現場でした」と座長である綾野をねぎらった。

関東一のヤクザのドンを演じた木下は役作りのために新宿を歩いたと明かすと、「本当に怖い人がたくさんいて怖かった」と役柄に似合わないまさかの発言で会場を盛り上げていた。

【関連記事】
『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー
[動画]映画『日本で一番悪い奴ら』予告編
綾野剛主演『日本で一番悪い奴ら』に中村獅童、デニス植野らが出演!
綾野剛が日本一ワルな警察官を演じた映画のティザーポスター解禁!