ラブホといえば、「日本が世界一」と言えるほど。日本のラブホの数は信じられないほどあり、デザインも様々で見ているだけでもワクワク楽しいですよね。

最近では訪日外国人の観光名所とも言われるほど、ラブホに宿泊する外国人もいるのだとか! カップルだけではなく、パーティや女子会としても使われるようですよ。

そんなため、「外国ってラブホないの?」とか思われがちですが、実はそういうわけでもなく、ただそれぞれ各国に“ラブホ事情”があるため、日本のラブホは外国人にとって珍しいのです!

そんなわけで今回は、グローバルで活躍する筆者が世界のちょっとしたラブホの知識をご紹介したいと思います。

 

■アメリカ/カナダ

実は、アメリカやカナダにはラブホがなく、その代わりにあるのが“モーテル”。よくハリウッド映画などでも見かけますよね。このモーテルはカップルたちが性行為を行うための場所ではなく、エッチな商売をする人たちのためにあるのだとか。

また、性行為のために時間制で部屋を貸すようなところがあったとしても、治安がとーっても悪く、犯罪が日常化しているような場所にあるのです。

 

■香港

香港にもラブホというものがあり、アメリカのモーテルスタイルのラブホがあると思いきや、高級住宅街の中に豪邸のように立つラブホも存在するのです。もちろん、日本のラブホのように様々な種類はないけれど、それなりに綺麗なところは綺麗。

ちなみに、昔のブルース・リー邸は今、超豪華なラブホテルとなっていますよ(笑)

カップルで使うよりも、エッチな商売やわけありな不倫カップルが多いよう。

 

■台湾

日本とも親しい台湾のラブホはどうでしょうか。実は台湾のラブホはとってもゴージャス! 呼び方は「モーテル」というようになっていますが、内容は日本のラブホと同じように、カラオケやジャグジー、そしてなんと無料で食べ物も置いてあるのです!

ただ、台湾のラブホはカップルで使うのではなく、学生さんたちのパーティで使われることが多く、場所によっては家族宿泊もOKなのです(笑)。

 

■ロシア

最近ではラブホの建設が急速に進んでいるロシア。数はまだ少ないですが、日本のラブホテルのようにおしゃれで豪華なデザインの他に、日本のラブホでは味わえないような心地よさを演出するために、暖炉がついているロマンチックな部屋もあったり。

そしてもちろんロシアという国では欠かせない(?)SMプレイ用の道具も備え付けられています。

最近は大型ホテルも取り壊されているロシアなので、旅行に行った際にはラブホテルで泊まってみるのも悪くないかもしれませんね。

 

■自宅モーテル

他にはイギリス、オーストラリア、フランス、ドイツなどは“自宅モーテル”ということでほとんどのカップルが自宅で愛を確かめ合うのだとか。自宅などの方がプライバシーが保たれるので、一般的には自宅でエッチをすることがほとんどなのです。

エッチな商売やわけあり不倫カップルの人は普通のホテルを利用するようですよ。

 

いかがでしたか。

実はいろいろあった世界各国のラブホ事情。

行ってみたいようで、日本ので十分だと思えたり、やっぱりなんだか日本で生まれてよかった〜と思えるような気分にもなりますよね。

う〜ん、やっぱり日本のラブホが一番楽しい!

 

【画像】

SYDNEY, AUSTRALIA - AUGUST 13: A wax figure of Chinese actor, Bruce Lee is seen at the Chinese Garden of Friendship on August 13, 2013 in Sydney, Australia. The Bruce Lee wax figure will be on display at Madame Tussauds Sydney to mark the 40th anniversary of the actor’s death. (Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)

 

【関連記事】

※ 気づいたらラブホに!職場仲間とエッチをせずに朝を迎える方法3つ

※ 髪の毛が消える!? 二度と行きたくなくなる「ラブホテル話」3つ

※ 日本とは全然違う!? ちょっとおもしろい仕事に関する海外事情6つ

※ 日本人と全然違う!「外国人男子ウケするファッションアイテム」5つ

※ 旅慣れ女子が伝授!デキる女の海外旅行「大切な持ち物」10個

 

【姉妹サイト】

※ 痩せてやる!3位豚みたい…女子が「ダイエットを決意した言葉」1位は

※ エッ…ワキ毛を超えた!4人に1人の男性が幻滅する「女性のムダ毛」1位は