健康を語るとき、いま「皮膚」が注目を集める、いくつかの理由

写真拡大

皮膚は、単なるカラダの内と外を隔てる膜ではない。音を聴き、光を感じ、情報発信すら行う「第三の脳」であることが最近の研究からわかってきた。そんな皮膚には、わたしたちがまだ知らぬ健康の秘密が眠っているのかもしれない。(『WIRED』VOL.22より転載)

「健康を語るとき、いま「皮膚」が注目を集める、いくつかの理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

VOL.22特集「未来の処方箋」より転載

2016年4月9日発売の『WIRED』日本版に掲載した記事より、未来の常識になるかもしれない8つの「処方箋」を順次公開。超簡単な遺伝子編集技術、細胞ナノスキャン、ゲーム治療、ミトコンドリアや皮膚から見えてくる新しい健康法…。関連記事は、こちらより。

わたしたちの身体は皮膚に覆われているが、ケラチノサイトと呼ばれる細胞で構成された表皮には、圧力や温度、湿度以外に、可視光や音までも感知できる機能、脳のような情報発信機能があり、“第三の脳”ともいえる働きがあることがわかってきた。

『皮膚感覚と人間のこころ』などの著書で、皮膚に関する数々の興味深い研究を紹介している資生堂ライフサイエンス研究センターの傳田光洋は、「自分と世界を区別する役割を果たす皮膚は心と密接なつながりがあり、光や音からも無意識に影響を受けている可能性がある。一方で外界からのストレスで表皮の状態が悪化することが、カラダやココロの不調を引き起こす原因になっているとも考えられる」と言う。

皮膚感覚を正常にする方法のひとつが外界からの刺激で、拒食症患者にウェットスーツを着用させて身体全体に刺激を与えたところ食欲が回復したとの実験報告もある。

傳田は、メーキャップの行為も重要であるとして、認知症の高齢女性がメーキャップをきっかけに、認知能力やコミュニケーション能力、運動機能まで回復した例を挙げている。

センサーの集合体である表皮は平均して1カ月程度で新しく入れ替わるが、外界からのストレスが続くと、そのサイクルが乱れて、バリア機能が落ち、免疫機能も低下することもわかってきた。わたしたちが思っている以上に皮膚の存在は重要で、それを知ることが身体全体を知ることにもつながりそうだ。

傳田光洋|MITSUHIRO DENDA
資生堂ライフサイエンス研究センター主幹。京都大学工学部工業化学科卒、1994年博士号取得。カリフォルニア大学研究員を経て2009年より現職。『皮膚感覚と人間のこころ』(新潮選書)ほか著書多数。

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。