門脇麦

写真拡大

門脇麦が理由なき尾行をはじめ、次第にその行為にのめり込んでいく主人公に扮した『二重生活』。この映画の初日舞台挨拶が6月25日に新宿ピカデリーで行われ、この作品が単独初主演となる門脇をはじめ、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキーと岸善幸監督が登壇した。

『二重生活』初日舞台挨拶、その他の写真

「3〜4年前に岸監督の作品を初めて見て衝撃を覚えて以来、いつか絶対にこの監督とご一緒したいなと思い続けてきた」という門脇は、「そんな岸監督の初長編映画の初日舞台挨拶にこうして立っていられることを本当に幸せに思います」と挨拶。

長谷川は「撮影現場はものすごい楽しくて、今日こうして大勢の方に見に来ていただけて本当に嬉しいです」と話すと、「みんな、こういう映画を見てやらしい気分になるんでしょう?」と呼びかけ笑いを誘った。

菅田は「本当に朝早くから映画を見に来てくださりありがとうございます。僕自身、岸組はすごく楽しく、自然に完成作を試写で楽しめました」と話し、そんな菅田についてリリーは「今回は、普段あまり電話がかかってこない友だちから、とにかく菅田くん見たいから席がないかっていう問い合わせが結構ありまして」と菅田の人気ぶりを明かした。

また、完成作を自分が出ているにも関わらず客観的に見ることができたという門脇は、尾行シーンの撮影について「面白いんですよ。主に長谷川さんを尾行しているんですけど、愛人と口論するシーンとか、“あるある”という会話が繰り広げらていて、ついニヤけてしまって」とコメント。一方、その門脇にずっと尾行され続ける役を演じた長谷川は「常に見られている感じで、すごい嫌な気持ちになりましたね」と答えていた。

この日はイベント終盤に、『二重生活』という漢字4文字の映画タイトルにかけ、登壇者1人ひとりが初日を迎えた気持ちを漢字4文字で表すことに。門脇が書いたのは、多くの人に映画を見て欲しいという気持ちを込めた「多人観欲」。

「超門脇麦」と記した長谷川は、「映画の冒頭とラストシーンの麦ちゃんの表情が全然違うんです。門脇麦が門脇麦を超えた瞬間というか」と門脇を絶賛。菅田は昨晩よく寝られたというところから「良寝真下」。舞台挨拶直前に劇場に着いたというリリーは、急に初日を迎えた感想を漢字4文字にといわれても、到着したばかりでよくわかっていなかったと「今到不解」という素直な気持ちを表現していた。

【関連記事】
他人を覗き見る『二重生活』主演の門脇麦、現場では逆に覗き見られていた!
『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー
[動画]『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー
[動画]長谷川博己、20年前は出版社でリリー・フランキー担当のバイトだった!?/『二重生活』完成披露舞台挨拶