最終日はスコアを伸ばして終えることができるか(写真は全米女子プロゴルフ選手権)(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウォルマートNWアーカンソー選手権 2日目◇25日◇ピナクルカントリークラブ(6,386ヤード・パー71)>
 初日6アンダーの3位タイと好スタートを切った宮里藍だったが、この日は3バーディ・3ボギーの“71”でスコアを伸ばせずトータル6アンダーの24位タイに後退して最終日を迎えることとなった。首位のリディア・コ(ニュージーランド)、モーガン・プレッセル(米国)とは8打差がついた。
ハイライト動画更新中!LPGAツアームービー
 INスタートのこの日はスタートの10番でセカンドを2メートルにつけてバーディを奪うもそのあとが続かなかった。11番では3パットのボギー。後半3番ではここも2メートルを沈めてガッツポーズを作るも直後の4番でボギー。6番パー3のバーディも終盤の8番でボギー。「バーディの後にボギーが来るという流れだったので、リズムを作っていくのが難しいラウンドだった」と最後まで波に乗れなかった。
 前日に比べて風が吹き付けたこの日はグリーンも乾いてスピードが上がるなどコンディションが一変した。宮里自身も「ちょっと左に行くシーンが多かった。タイミングがところどころずれていた。許容範囲という感じでやっていましたけど…」と微妙なショットのズレにスコアを伸ばせないまま18ホールを終える結果となった。
 首位との差は開いたものの混戦模様のリーダーボードはまだ上位進出の可能性を十分に残している。「(ボギーにした)8番とかも完全にセカンドのクラブ選択ミス。フェアウェイから外しちゃいけないところに外してのボギーだったので。そういうものがちょろちょろあったりしたので、明日はしっかり修正したい」。最終日はシェラ・チョイと同組で12時ちょうどにティオフを迎える。
【2日目の順位】
1位T:リディア・コ(-14)
1位T:モーガン・プレッセル(-14)
3位T:ヤン・ジン(-12)
3位T:キャンディ・クン(-12)
3位T:アレイナ・シャープ(-12)
6位T:カン・ハエジ(-11)
6位T:ジュリア・モリナロ(-11)
6位T:サンドラ・ガル(-11)
9位:モリヤ・ジュタヌガーン(-10)
24位T:宮里藍(-6)
24位T:上原彩子(-6)
36位T:野村敏京(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>