25日、台湾版グラミー賞「金曲奨(Golden Melody Awards)」の授賞式が行われ、リン・ジュンジエとジュリア・パンが最優秀歌手賞に輝いた。

写真拡大

2016年6月25日、台湾版グラミー賞「金曲奨(Golden Melody Awards)」の授賞式が行われ、リン・ジュンジエ(林俊杰)とジュリア・パン(彭佳慧)が最優秀歌手賞に輝いた。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

今年で27回目を迎えた金曲奨は、台湾3大娯楽賞の一つ。今年は28部門が用意されたが、中国語歌謡だけでなく、客家(はっか)語部門や原住民部門も設置されているのが台湾らしい特色となっている。

中国語歌謡の最優秀男性歌手賞に選ばれたのは、シンガポール出身のリン・ジュンジエ。14年に続いて2度目の「金曲キング」となった。

最優秀女性歌手賞には、歌姫アーメイ(張恵妹)やタニア・チュア(蔡健雅)など強敵に競り勝ったジュリア・パンが選ばれた。97年に最優秀新人賞を獲得してから、金曲奨ではこれが19年ぶりの受賞となる。また、初ノミネートで受賞を決めたことで二重の喜びとなった。

最優秀バンド賞に選ばれたのは、ソーダグリーン(蘇打緑)で、最優秀アルバム賞など5部門を制覇し、今回最多の賞を獲得。最優秀年度歌曲賞には、映画「太陽的孩子」の主題歌でアミ族の男性歌手Suming(舒米恩)が歌った「不要放棄Aka pisawad」が選ばれた。(翻訳・編集/Mathilda)