自然の中で過ごすことは、楽しいだけでなくストレスも解消されて心身ともに癒やされますよね。夏といえば「海!」と答える人も多いかもしれませんが、今はキャンプやハイキング目的で涼しい山の避暑地に向かう人も少なくありません。あなたは海と山のどちらに惹かれますか?
「休みの日にどこで過ごすか」という質問の回答で、じつはその人の性格がわかってしまうのです。波とたわむれる海か、木に囲まれて過ごす山か……ちょっと想像してみてください。

山好き・海好きはそれぞれこんな性格の持ち主!

山に心惹かれる人は内向的である傾向が、そして海に心惹かれる人は社交的な性格であることが多いはず。場所によって好みがあるのは、人と環境により自分がどこにふさわしいかを無意識のうちに感じとっているからです。
山が好きな人は、人が多くなく静かな場所を好みます。海が好きな人は、人々と触れあえるにぎやかな環境を好みます。しかし年齢や経験によって、とつぜんそれが逆になることもあるんです。
今まで海が好きだったのに山に行きたくなった……なんてこともありえます。その場合は、性格に変化があらわれている証拠です。

山好きな人は出会い好き

内向的というと、なんだか暗い性格の持ち主なイメージを持たれる人もいるかもしれません。しかし、そんなことはありません。
山ではプライベートな環境ができてそれぞれが思い思いの時間を過ごせますが、キャンプやハイキングでは、まったく知らない人との出会いもあるので人見知りの人が少ない傾向にあります。また少ない人数で過ごすため、山好きは責任感が強い人が多いのも特徴です。

海好きな人はさみしがりや

社交的な性格というと、人見知りをせず明るいイメージがありますよね。しかし、裏を返せばさみしがりやということでもあります。
にぎやかなのが好きということは、音や光が多い場所が好きということ。社会的なつながりを大事にする人が多く、いつも人と接していたいという思いが強いのです。人のいない静かな場所ではさみしくなってしまい、不安に思う人も少なくありません。

好きな場所に行くと幸せ度もアップ!

内向的な人がにぎやかな海に行くと、その人の個性を埋没させてしまうのだとか。逆に社交的な人は、人の少ない山に行くことでさみしい思いをすることに。せっかくの休みは自分の好きな場所へ行って、思いっきり楽しみたいですよね。実際、山が好きな人はにぎやかなところより静かなところにいるほうが幸福感がアップして、個性が引き出されるのだそうです。そして海が好きな人は、静かなところよりもにぎやかなところにいるほうが楽しさを感じて、自分らしさを表現できます。

もしこの夏、海と山どちらで過ごすか悩んでいるなら、直感的に心惹かれる場所をチョイスしてみては? ぜひ楽しい休日を過ごしてくださいね。