中国では時折、日本人の清潔さは「病的」と表現されることがある。それだけ中国人と日本人の衛生概念に対する感覚に違いがあるということなのだろう。事実、日本を訪れた中国人の多くは日本の街の清潔さに驚くという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では時折、日本人の清潔さは「病的」と表現されることがある。それだけ中国人と日本人の衛生概念に対する感覚に違いがあるということなのだろう。事実、日本を訪れた中国人の多くは日本の街の清潔さに驚くという。

 中国メディアの米尓網はこのほど、「日本はいかにして世界でもっとも清潔な国になったのか」と題して、日本人がいかにきれい好きかを考察する記事を掲載した。

 記事は冒頭で、中国の航空会社に勤める客室乗務員が「日本人は好きではないが、日本人旅行客の民度が最も高い事を認めざるを得ない」と述べていると紹介。客室乗務員が日本人を「好きではない」と言うことにも問題があると思うのだが、さまざまな国の乗客に接する機会のある客室乗務員も認めざるを得ない民度を持つのが日本人である。

 こうした民度と他人に迷惑をかけないという考えがあるからこそ、日本は公共の場所においても清潔さを保つことができると考えられるが、それでは中国人が日本の清潔さを実感するのはどのような場所でのことなのだろうか。

 記事がまず挙げたのは、やはり「トイレ」だ。トイレは普通に使用するだけでも自然と汚れてしまう場所であるため、清潔さを保つのは特に困難な場所でもある。日本のように一般家庭だけでなく、レストランやホテル、公衆トイレに至るまで、どこにおいてもトイレの清潔さが保たれているのは中国人には信じられない光景なのだろう。

 また記事は、日本人は「最も風呂好きの民族」、「衣服が最も清潔」と表現している。多くの中国人においては、毎日のようにお風呂に入ったり、着替えたりする習慣がない。特に冬場は1週間以上お風呂に入らない人も少なくない。これから夏場を迎え、中国の満員電車やバスは日本人には耐えられない空間になることもある。

 衛生感覚は子どものころから培ってきた感覚なので、大人になってから変えるのは非常に難しい。日本人と中国人が同じ衛生感覚を持つようになるのは、まだまだ先のことになりそうである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)