トヨタ自動車が「アリオン」をマイナーチェンジしました。

1

同車は1970年にトヨタ「セリカ」と共に誕生した「カリーナ」の後継車として2001年12月にデビューしています。

2007年6月に現行モデルのベースとなる2代目に移行、2010年4月のマイナーチェンジでフロントを中心としたデザイン変更を行い、メッキ処理を施した横バー基調のラジエーターグリルや丸型3連ヘッドランプを採用。

そして今回のマイナーチェンジでは押し出し感のあるブロックメッシュグリルや、精悍さを増したシャープなヘッドランプを採用しています。

リアコンビネーションランプは内部意匠を変更して奥行き感のある造形と6眼のストップランプにより、スマートで高級感のあるイメージを創出しています。

またボディカラーには新色の「ブラッキッシュアゲハフレーク」などを含む全8色をラインナップ。

動画を見るにはこちら

価格は189万7,855円(FF)〜267万5,455円(4WD)となっており、全国のトヨタ店で6月25日(土)、26日(日)に店頭発表会を予定しています。

(Avanti Yasunori ・画像:トヨタ自動車)

新型トヨタ「アリオン」、クール&スポーティな外装デザインで登場!【動画】(http://clicccar.com/2016/06/26/381545/)