アモーレはナシ!? 「恋人にこう呼ばれたい」女性1位は呼び捨て、男は…

写真拡大

先日、イタリアのプロサッカーリーグ、セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属のサッカー選手・長友佑都が、恋人の女優・平愛梨に「僕のアモーレ」と発言したことから、最近“アモーレ”という言葉をよく聞くようになりましたね。

さっそく「今年の流行語大賞の有力候補か!?」なんて声も。

「アモーレ」と呼んでいるカップルは珍しいかもしれませんが、では実際に世間の男女は恋人からどのように呼ばれたいと思っているのでしょうか。

そこで今回『VenusTap』では、一般男女1,000人を対象に「恋人に呼ばれたい呼び名」について独自アンケートを実施。男性と女性で比較し、分析してみました。

■男性の1位は“さん付け”、女性の1位は“呼び捨て”!

「恋人に呼ばれたいと思う呼ばれ方は?」と聞いたところ、各ベスト5は以下の結果となりました。

<男性>

1位・・・下の名前に「さん」付け(15.6%)

同率2位・・・下の名前に「くん」付け(9.2%)

同率2位・・・2人だけで作ったニックネーム(9.2%)

同率4位・・・名字に「くん」付け(8.6%)

同率4位・・・下の名前で呼び捨て(8.6%)

6位・・・あなた(8.2%)

<女性>

1位・・・下の名前で呼び捨て(39.4%)

2位・・・下の名前に「ちゃん」付け(14.8%)

3位・・・2人だけで作ったニックネーム(7.8%)

4位・・・下の名前に「さん」付け(7.6%)

同率5位・・・一般的に周りで使われているあだ名(5.0%)

同率5位・・・お前(5.0%)

男性の1位は「下の名前に“さん”付け」、女性の1位は「下の名前で呼び捨て」でした。

全体的に、男性の場合は大差なくばらけている印象ですが、女性は1位が断トツとなり、4割近くが「下の名前で呼び捨てにしてほしい」と思っていることがわかりました。

男性の1位「下の名前に“さん”付け」は一見よそよそしく思える呼び方ですが、意外にも支持があるよう。少々古風にも感じますが、男性からすれば女性の健気さや大和撫子的な雰囲気を感じられて、グッとくるのかもしれません。

■男性は今でもひそかに「あなた」と呼ばれたい!?

しかし! 1位よりもずっとレトロで昭和のニオイがするのは男性6位の「あなた」ではないでしょうか!?

筆者は周りで、未だに恋人や夫をこのように呼んでいる人物を目にしたことがないのですが、どうやら男性はひそかに「あなた」と呼ばれたいようです。

時代設定が古いドラマなどで、割烹着を着た女性が夫を「あなた」と呼ぶ姿を見ると、なんだか奥ゆかしく、一家の長である夫を立てているイメージがありますよね。

現代では、昔に比べて社会でも家庭でも男女平等の傾向があり、“亭主関白”な家庭が少なくなった印象がありますが、実は今の男性も「女性に頼られたい」、「家庭でのリーダーになりたい」という気持ちが強くあるのかもしれません。

「下の名前で呼び捨て」の支持が女性よりも男性の方が低いのは、こういった意識があるからなのかも。

■「2人だけで作ったニックネーム」は愛を深める!

男性の2位、女性の3位にランクインした「2人だけで作ったニックネーム」は、実は愛を深めるにはとても使える呼び方。

『VenusTap』の過去記事「“アモーレ”長友佑都だけじゃない!芸能人カップル愛の呼び名まとめ」で紹介した、鈴木おさむと大島美幸夫妻の例を挙げると、最初はぎこちない関係性だった2人が、お互いを「みぃたん」、「むぅたん」とオリジナルのニックネームで呼ぶようになってから、一気に距離が縮まったそう。

周りから見れば“バカップル”に思われるかもしれませんが、呼び続ければいつの間にか定着してしまうもの。

もしいま、あなたが付き合い始めで彼とぎこちない雰囲気が続いているようならば、2人でお気に入りの呼び方を作ってみるのもオススメです。

いかがでしたか? カップルによって呼び方はそれぞれかと思いますが、たまに別の呼び名にすると気分が変わり、いい刺激になるのかも。彼を突然「あなた」と呼んで、良妻賢母な雰囲気を出してみても面白いかもしれません。

恋人との関係をガラッと変えるかもしれない、呼び方。この機会に自分たちに一番合うものを模索してみてはいかがですか?