桐生祥秀が3位に号泣 レース中に右脚がけいれんか

ざっくり言うと

  • 日本選手権の男子100メートルで25日、桐生祥秀が10秒31で3位に終わった
  • 桐生は号泣しながら、「こんな形で決める予定じゃなかった」とコメント
  • コーチらの話によると、レース中に右脚がけいれんしたとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング