24日、中国政府による映画賞「第16回華表奨」の授賞式が行われ、俳優アンディ・ラウ、女優バイ・バイハーが最優秀賞を獲得した。

写真拡大

2016年6月24日、中国政府による映画賞「第16回華表奨」の授賞式が行われ、俳優アンディ・ラウ(劉徳華)、女優バイ・バイハー(白百何)が最優秀賞を獲得した。網易が伝えた。

【その他の写真】

国家新聞出版広播総局(広電総局)により94年にスタートした中国映画界を代表する映画賞。その前身は57年にスタートした「中国文化部優秀映画賞」で、現在は隔年開催となっている。

24日、北京市で授賞式が行われ、過去2年間の中国映画を対象にした各部門の受賞者を発表。優秀男優賞には映画「失孤」から香港の俳優アンディ・ラウ、同じく女優賞には映画「滾蛋[口巴]!腫瘤君」から中国の女優バイ・バイハーが選ばれた。

アンディ・ラウは映画「失孤」で、行方不明になった息子を何年も捜し続ける農村男性を演じた。受賞にあたっては「農民を演じられたことは大きな収穫だった。子供の失踪という大きな社会問題を人々が考える機会になればうれしい」と語っている。

バイ・バイハーは昨年、「滾蛋[口巴]!腫瘤君」だけでなく、主演映画「モンスター・ハント」も爆発的なヒット作に。最も興行収入を稼ぐ女優となった。

なお優秀監督賞は、映画「智取威虎山」のツイ・ハーク(徐克)監督が獲得。優秀作品賞には仏監督ジャン・ジャック・アノーの「神なるオオカミ」など10作品が選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)