窓の外の工夫してる?夏前に準備したい「住まいの暑さ対策」3つ

写真拡大

日本気象協会の発表の通り今年の梅雨は蒸し暑い日が多いですね。特に、暑くて寝苦しい夜は辛いものです。

「エアコンをつけなければやっていけない!」という日もあるでしょう。でも、エアコンの風は苦手だし、電気代も気になる……という人も多いのでは?

できる限りエアコンに頼らず、快適に過ごしたいものです。そこで今回は、警察庁のサイトも参考に、住宅メーカーへ勤務経験のある筆者知人へ“蒸し暑い夏でも快適に過ごせる住まいの工夫”について聞いたことをまとめました。

 

■1:日射を避けるのは窓の外から

エアコンに頼らず過ごすためには、日射を遮る工夫が大切だといいます。そのためには、遮熱効果のあるガラスもいいのですが、窓の外で日射を遮るとより効果的だそうです。

例えば、ブラインドを窓の内側にとりつけた場合、ブラインドに日射があたって再び室内に放熱されてしまうので部屋を温めてしまうことになります。けれども、外付けブラインドにした場合、外に放熱されるので部屋が温まりにくくなるそうです。

軒先に“すだれ”を吊るしたり、“よしず”を窓の外に立てかけたりしておくだけでも部屋の温度に違いがでてきます。

 

■2:熱がこもらない工夫

窓からの日射を避けるとともに、屋根と外壁からも日射を遮る工夫ができれば理想的だといいます。そのためには断熱性を高めるとともに、屋根や外壁を光が反射する色にするといいそうです。

蒸し暑い夜を快適に過ごすためには、寝室の配置場所も重要になります。2階は熱気が溜まりやすいことや、屋根からの熱の影響を考えると、寝室は1階にしたほうがいいそうです。さらに西側は夕方まで陽があたるので、できれば東側にするのがオススメです。

また、樹木は木陰を作り地面を冷やします。葉の蒸散効果で気温の上昇を緩やかにする効果もあります。庭のある家でしたら、そういった樹木の効果を上手に利用するのもオススメだそうです。緑のカーテンを作るのもいいですね。

 

■3:風通しを良くする

昼間にしっかりと日射を遮る工夫をしていれば、家の中に溜まる熱は少なくなります。さらに快適に過ごすためには、外気温が下がってきた夜にしっかり風が抜けることが大切だそうです。風の通り道を考えて、窓を開ける工夫をしてみましょう。

とはいえ、やはり夜に窓を開けっぱなしにするのは心配ですので、防虫対策つきの網戸や格子などの部品をとりつけるといいそうです。サッシ一体型面格子であれば、比較的安価で窓を開けながら防犯もできるのでオススメだそうです。ぜひ検討してみてくださいね。

 

以上、“蒸し暑い夏でも快適に過ごせる住まいの工夫”についてお伝えしましたがいかがでしたか? エアコンに頼るだけでなく、住まいにちょっとした工夫をするだけで違いがでてきますね。

本格的に暑くなる前に、準備しておくことをオススメします。

(ライター 高瀬真澄)

 

【関連記事】

※ 梅雨時期に自宅を快適に変身させる7つの「昭和の知恵」とは

※ 100均グッズも活躍!「ムシムシ夏の寝室を快適にする」裏ワザ2つ

※ 暑い夏が来る前に!これだけはおさえておきたい「熱中症対策」の基本

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ まだ知らないの?時短美容家オススメの「紫外線対策」とは

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ あ〜女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【姉妹サイト】

※ 店員を呼ぶのはマナー違反!? 「日本人がやりがち」海外で嫌われるNG行動

※ 3位見下してくる…「こいつとはママ友になりたくない!」1位2位は

 

【参考】

※ 住まいる防犯110番 - 警察庁