しっかり食事をしたはずなのに、ランチからそんなに時間が経っていないのに……なぜか「もっともっと食べたい!」と食べたい衝動に駆られることはありませんか。もしかしたら、これは満足感を得られていないことが原因かもしれません。

そこで今回は、かつて10kg痩せた経験を持つダイエットインストラクターの筆者が、満足感をアップさせる食事の仕方を3つご紹介します。

■1:単品料理を避ける

忙しい時でもすぐに食べれるカレーやパスタなどの単品料理。これらの単品料理は、量をたくさん食べても満足感を感じにくいことはありませんか?

実は、味や舌触りの変化が少ないと、満足感を得にくいと言われています。

そこで満足感を得るために単品料理は避け、なるべく沢山のおかずを食べることを意識しましょう。特に空腹を感じる時には、手軽な単品料理は控え、なるべく多くの食材が使われている定食やお弁当などを選ぶといいでしょう。味や舌触りに変化を与えることで、満足度が高まり、満腹感も得られやすくなります。

■2:調味料を活用する

仕事や家事などに追われていると、毎日同じコンビニやお弁当屋でランチを済ませてしまうことはありませんか。でも、いつも同じメニューだと味に飽きてしまい、満足感を得にくくなってしまうことも……。そんな時はスパイスなどの調味料を活用して、味に変化をつけることで満足感をアップしましょう。

七味唐辛子、ターメリック、生姜、ニンニク、ハーブ、酢など、お好みや気分に合わせて味付けを変え、楽しんでみるのがオススメ。ちなみに塩、醤油などは塩分が強く、むくみの元となってしまうので、筆者はなるべく控えたり、摂取量に気を付けています。

■3:メイン料理を決める

「食べたら太るかも……」と思いながら食事をしていると、食事をする時に常に罪悪感を感じてしまうことに。その結果、ストレスの元になってしまい満足感を得るのが難しくなってしまいます。

そこで、オススメなのは、一日の中で美味しくいただくメイン料理を決めることです。メイン料理のカロリーが少しくらい高くても、前後でカロリー調節をすれば全く問題ありません。食べるものにメリハリをつけることで満足感を得やすくなります。

ダイエットのコツは、カロリーを抑えつつ自分の食事に満足する状態を作ることです。参考にしてみて下さいね。

【関連記事】

「見た目体重」-4kg!美容ライターが実践…毎日ちょい痩せ習慣5つ