2016年F1第8戦ヨーロッパGPがアゼルバイジャンの市街地で開催され、メルセデスのニコ・ロズベルグ選手が2016年F1第4戦ロシアGP以来の優勝を勝ち取りました。

初開催となったアゼルバイジャンってどんな国なのか? 6月23日発売の「F1速報ヨーロッパGP号」を読めば、現地に行った気分になれます! そしてそして、私の大好きなマクラーレンホンダのジェンソン・バトン選手の特集ページも見逃せません!!

1

■Bakuへようこそ!

ロシアとイランに挟まれ、カスピ海に面した共和国・アゼルバイジャンは、今年がF1グランプリ初開催。私もそうでしたが、初めて名前を聞く方多いのではないでしょうか?

レースが開催される首都バグーは、油田によって19世紀から栄えた街で近年再びバブルが訪れ「第2のドバイ」と呼ばれています。

コースを設置するにあたっての問題は、路面の一部が石畳だったこと。ターン8から10にかけた狭い上り坂セクションとターン15から16の下り坂が石畳だったのですが、バクー側が魅力あるグランプリにするために、石畳の上にアスファルトを敷くことを許可してくれたんだそうです。

また、パドックがある場所は、なんと政府公邸の庭。メディアセンターはそれと並んでコース内にある5つ星ホテル「ヒルトン」の会議室に設置! 超豪華なパドックエリアですよね。

ただ、ここまでしてF1を誘致したのにもかかわらず、用意された1万8500席のチケットは完売とはならず……。2年目の開催はあるのか、すでに雲行きが怪しいようです。

■ジェンソン・バトン〜僕は「今」を戦い続ける〜

17年目のシーズンを戦うベテラン、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトン選手が見据える自身とチームの未来についてのロングインタビューは必見です!

誰もが気になるマクラーレン・ホンダの復活。バトン選手は次のように語っています。

「僕はいつコンペティティブになるかなんてつもりはないし、今年のゴールをどこかに設定したりもしない。ゴールを決めてしまったら、それ以上はなくなるじゃないか。僕がやるべきことは、エンジニアとメカニックがグランプリごとに用意したその時点で最高のマシンに乗って、最高のパフォーマンスを発揮すること。そこにゴールはないんだ。」

2003年から6年間、ホンダと仕事した経験のあるバトン選手は第3期と第4期のホンダの違いについては、

「僕自身は、第3期と現在のホンダに違いはないと思っている。日本人が勤勉であることは知っているし、実際ホンダの人々はマシンを速くするためなら、時間を惜しまずに仕事をしてきた。でも、現在のF1はトークンシステムやカーヒュー(夜間作業禁止規定)が設けられ、かつてのように徹夜で作業したり、マシン開発を24時間体制で行うことは事実上できなくなった。その結果、ホンダが持っていたアドバンテージはなくなってしまったのだと思う。要するに、ホンダが何か変わったわけではなく、彼らを取り巻く状況が大きな変化してしまった」

また、現在36歳のバトン選手は年齢的にはフェラーリのキミ・ライコネン選手に次いで現役2番目、F1参戦数では最多を誇るベテランとなりました。レッドブルのマックス・フェルスタッペン選手が史上最年少優勝を果たすなど、若手の活躍をどのように感じているのでしょうか。

「この世界で年齢は関係ない。若いドライバーが勝つこともあれば、ベテランが勝利を手にすることもある。(ニキ)ラウダだって、3回目のチャンピオンはベテランになってからだった。体力的にも問題はない。」

と頼もしいコメントをしています。ここ数年「引退」という言葉がついてまわり、毎年今年が最後なのかな……、と思いながら応援しているのですが、バトン選手のコメントを読むかぎりまだ大丈夫そうですね!

チームの未来についても「ゴールを決めてしまったらそれ以上はなくなる。グランプリごとに用意されたマシンに乗って最高のパフォーマンスを発揮すること。そこにゴールはない」と言い切るバトン選手がかっこいい!!

マクラーレン・ホンダの復活はもう少し時間がかかりそうですが、グランプリごとに進化していってくれると信じています。

この他にも、第3期にバトン選手と共に戦った長谷川祐介F1プロジェクト総責任者と中村聡プリンシパルエンジニアが、バトン選手の進化や僚友アロンソ選手との違いを語っています。

また、3つの側面からドライビングスタイルを検証したページもあり、読み応えたっぷりです! 女性ファンにはたまらない、バトン選手のかっこいい写真達もたくさんありますよ。ぜひ読んで下さいね(^^)

次戦はサーキットに巨大なレッドブルのモニュメントがある、オーストリアGP。

母国GPとなるレッドブルはどのくらい力をいれてくるのでしょうか。気になるところです。決勝スタートは、7月3日(日)21時(日本時間)から。楽しみですね!

(yuri)

【F1速報×F1女子〜ヨーロッパGP号〜】ジェンソン・バトンが考える第3期と第4期のホンダの違いとは?(http://clicccar.com/2016/06/25/381340/)