アラフォーこそ食べるべき!ココナッツオイルのエイジング効果おさらい

写真拡大

 数あるスーパーフードの中でも、ココナッツオイルはもはや定番の存在になりました。でも、若い人向けのオイルだと思っていませんか?

 実はこのココナッツオイル、まさに、アラフォー世代が食べるべき効果がいっぱいあるんです。たとえば37歳の田丸麻紀さん、40歳の神崎恵さん、43歳の写真家・蜷川実花さんも愛用しているそうですよ。

 なぜなら、ココナッツオイルはアンチエイジングな油だから。例えば、「トコトリエノール」と呼ばれる成分が含まれていますが、これは強い抗酸化作用を持つビタミンEの一種。これだけで、ココナッツオイルが実に高いアンチエイジング効果を持っていることが分かります。

 また、ココナッツオイルには中性脂肪として蓄積されにくい「中鎖脂肪酸」が非常に多く含まれています。体内に吸収されやすいため、代謝が上がって脂肪燃焼しやすく、20代〜30代と比べて太りやすくなる年齢には最適。

 さらに、中鎖脂肪酸はビタミンや必須脂肪酸、ミネラルの吸収を高めることから、他の食材との摂取でさらなる栄養摂取が見込めるのもおすすめのポイント!

 ちなみにココナッツオイルは、日焼けしてしまった肌に塗ることで、シミなどの原因となる紫外線からの影響を避けることができるといわれています。また、普段のスキンケアに使うことで、ニキビ、肌荒れなどにも有効だそうですよ。

 まだ一度も食べたことが無いというアラフォー世代は、ぜひチェックを!