DIYできんじゃね? フラットな板になる「折りたたみテーブル」

写真拡大 (全5枚)

オランダ人デザイナーのRobert Van Embricqsさんがデザインしたテーブル「Rising Table」は、1枚のフラットな板が「ダイニングテーブル」に変身するというもの。

2013年のサローネ・サテリテで発表された作品です。



シンプルな構造ながら、格子状のデザインがインパクト大。

天板のスリットがデザインのアクセントになり、中央のくぼみにはフルーツや小物などを収納することもできます。




余計なギミックもなくワンアクションで組みあがり、フォールディング時はフラットな板になります。お見事!

さらに、同じデザイナーによる「Rising Chair」も圧巻の仕上がり。



強度的にも機能的にも、テーブルよりさらに高度なフォールディング技術を使った「Rising Chair」。作品のコンセプトは同じですが、その複雑さはテーブルの比じゃありません。

実際に動かしている様子は、こちらの動画でご覧いただけます。



他にもスツールやサイドテーブルもあるみたい。

使う時だけサッと取り出し、使わないときは押し入れに収納する。限られたスペースの有効利用になるだけでなく、引っ越しのときにも便利なフォールディング家具。でも、この家具の欠点を1つあげるとしたら?

たぶん、めっちゃ重い!

[Robert Van Embricqs]