24日、昨年ブレークした注目の「小鮮肉(若いイケメン)」俳優たちに、マー・コー、ヤン・ヤン、韓流グループEXO出身の華人メンバーらがいる。写真はヤン・ヤン。

写真拡大

2016年6月24日、昨年ブレークした注目の「小鮮肉(若いイケメン)」俳優たちに、マー・コー(馬可)、ヤン・ヤン(楊洋)、韓流グループEXO出身の華人メンバーらがいる。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

2年ほど前にネット新語として登場した「小鮮肉」は、若いイケメンを指す流行語。この言葉に乗って昨年は、新たな「小鮮肉」が続々と頭角を現し、ブレークを果たした。

その代表格がマー・コー、ヤン・ヤン、ウー・レイ(呉磊)の3人。マー・コーとウー・レイは子役出身で、ヤン・ヤンも16歳でドラマ「紅楼夢」の美少年役を演じ話題になった。昨年、マー・コーは「花千骨」、ウー・レイは「琅[王牙]榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」と時代劇ドラマでそれぞれブレーク。ヤン・ヤンもドラマ「ときめき 旋風ガール」やバラエティー番組で人気沸騰。いずれも目元の涼しいスッキリした時代劇の似合う顔立ちだ。

27歳の俳優ジン・ボーラン(井柏然)は07年、オーディション番組で人気を獲得し歌手デビュー。昨年、主演映画「モンスター・ハント」が中国映画で史上最高のヒット作となったことで、再ブレークを果たした。

韓流人気グループEXOの華人メンバーだったルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)、クリス(呉亦凡/ウー・イーファン)は、中国でソロ活動をスタートしてから、それぞれトップアイドルに。ルハンは初出演映画「20歳よ、もう一度」が、中韓合作映画で最高のヒット作になった。クリスもチャウ・シンチー(周星馳)監督「美人魚」に出演し、この映画は「モンスター・ハント」が打ち立てた興行トップ記録を抜き去っている。(翻訳・編集/Mathilda)