自動車用バックミラーメーカーの村上開明堂は、ルームミラーにカメラモニター機能を搭載した電子ルームミラー「ハイブリッドインナーミラー」「マルチミラーシステム」を開発したと発表しました。

1

同製品は、室内ルームミラーのディスプレイ全面に車輌の後方および側後方の状況を映し出すモニターシステムで、従来のルームミラーにエレクトロデバイスを付加した形です。

自動車用バックミラーに関しては、最近国交省がミラーレス化を解禁することが明らかになったばかりで、それに続いて自動車用バックミラー国内最大手の同社が、新しいコンセプトの電子ルームミラーを開発していることが明らかになりました。

業界初の特殊ミラー素子によるディスプレイやカメラのデジタル化により従来製品と比べ、大幅に視認性が向上しているとしており、従来のルームミラーとカメラモニター機能を必要に応じて使い分けることができ、故障・事故などの電源喪失時や乗車前後のエンジンOFF 時には、自動で従来ミラーに切り替わる、フェールセーフ機能も備えています。

同社は、今回の「ハイブリッドインナーミラー」「マルチミラーシステム」の量産時期を2018年度を予定しています。

今回発表された村上開明堂の電子インナーミラーは、1画面タイプと3分割画面の2種類があり、自動車メーカーの車種やニーズに合わせた選択が可能となっており、それぞれのタイプの構成は次のようになっています。

ハイブリッドインナーミラー(Hybrid Inner Mirror)
1画面(ミラー機能付き)+2カメラ(後方、下後方)

マルチミラーシステム(Multi Mirror System)
3分割画面(ミラー機能付き)+4カメラ(右側方、左側方、後方、下後方)

今回の開発品には次の特長があります。

 屮魯ぅ屮螢奪疋ぅ鵐福璽潺蕁次廖屮泪襯船潺蕁璽轡好謄燹弑δ未瞭団
モニターの取付け位置に、最も視認性に優れたルームミラーの場所を選択
衝突時の乗務員保護の為、安全実績のある従来ミラーの取付け構造を応用
車輌取り付けの制約条件を考慮しつつ、機能を最大限に発揮できる製品
特殊ミラー素子による、「低消費電力」で「明るく」、かつ「発熱を抑える」ディスプレイ
電源OFF 時でも自動で鏡に切り替え、電源ON 時ではディスプレイを表示
カメラのデジタル化により夜間でも視認性が高く、かつスムーズな描画を表示
リバースギヤの作動時に、従来は死角だった車輌後方下部の確認が可能

3分割画面タイプ「マルチミラーシステム」の特長
従来のミラーでは確認できなかった、側方の死角を大幅に削減
視線の移動をせずに左右後方をルームミラーで一括して確認が可能

(山内 博・画像:村上開明堂)

村上開明堂がルームミラーにカメラモニター機能を搭載した電子ルームミラーを新開発(http://clicccar.com/2016/06/25/381413/)