24日、韓国の人気グループEXOのファンによるツイッターがこのほど、アカウント乗っ取り被害に遭遇。6年間の記録が一瞬にして消え去り、ファンが悲鳴を上げている。写真はEXO。

写真拡大

2016年6月24日、韓国の人気グループEXOのファンによるツイッターがこのほど、アカウント乗っ取り被害に遭遇。6年間の記録が一瞬にして消え去り、ファンが悲鳴を上げている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

デビュー当時は4人の華人メンバーが在籍し(現在は1人)、中国でも非常に人気の高いグループ。今月22日、ファンによるツイッターアカウント「EXOFFICAL」が乗っ取り被害に遭い、IDおよびプロフィール写真が同じく韓流人気グループ・防弾少年団とすり替えられた。

「EXOFFICAL」はEXOがデビューする以前から運営され、今年1月27日にはフォロワー数が100万人を突破。しかし、一瞬にして6年間の貴重な記録が消え去ったことで、国内外のファンから驚きと怒り、悲しみの声が上がっている。

憤ったファンの怒りの矛先は、防弾少年団およびそのファンに向けられているが、このハッキングに関わったという人物がいきなりネット上で謝罪。「怒りは自分だけに向け、防弾少年団ファンを標的にしないでほしい」などと訴えた。しかし、EXOファンの怒りは収まらない様子を見せている。(翻訳・編集/Mathilda)